三吉彩花主演、清水崇監督が手がける最凶ホラー『犬鳴村』予告編解禁

#三吉彩花

(C) 2020「犬鳴村」製作委員会
(C) 2020「犬鳴村」製作委員会
(C) 2020「犬鳴村」製作委員会
(C) 2020「犬鳴村」製作委員会
(C) 2020「犬鳴村」製作委員会
(C) 2020「犬鳴村」製作委員会

『ダンスウィズミー』の三吉彩花が主演し、『呪怨』の清水崇監督がメガホンをとる『犬鳴村』より、「終わらせたければ、その村の謎を解け」と戦慄を誘う、恐怖の予告編が解禁となった。

映画『犬鳴村』その他の場面写真

“犬鳴村“は福岡市内からそう遠くなく幹線道路からも離れていない場所に“あるはず”にも関わらず、地図上にその痕跡は残っていない。ただ、わかっているのは、「旧犬鳴トンネルの先にある」と言われていることだけ。「近くの小屋には死体が山積みされている」「トンネルに入ると車に乗っていた男性が突然笑い出し、精神病院へ20年間入院した」といった恐怖体験が絶えないスポット…。はたしてこれらは単なる都市伝説なのか? それとも真実なのか?

そんな常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポット「犬鳴村」がまさかの映画化! 完成前である2018年11月に開催された「アメリカン・フィルム・マーケット」(AFM)にて、海外セールスがスタートするやいなや、10ヵ国以上のプリセールスが決定し、その注目の高さを証明した。

そんな本作の予告編がいよいよ解禁となる。到着した映像は、三吉彩花演じる主人公・奏が運転する車のフロントガラスに、女性がものすごい勢いで落ちてくる衝撃的なシーンから幕開け。そして「九州に実在する最凶の心霊スポット」というテロップとともに、奏の兄の恋人・明菜の叫び声と、奏の兄・悠真の「こっちに来るな!」という叫び声が響き渡る恐怖シーンが続いていく。

場面は変わって、「地図から消された村」と1人呟く奏の姿が映し出されると、今度は「近づくな」という赤字の警告テロップが表示され、一気に事態は加速。電話ボックスについた血の手形、ひくひくと手だけが痙攣している傷だらけの女性、さらに犬鳴トンネルへと向かう奏たちの姿が映し出される。

奏は祖父から、犬鳴村はダムの底に沈んだと聞かされる。鳴るはずのない電話ボックスから着信音が鳴り響き、そっと受話器を取ると「助けて」という声が……。はたしてその声は“犬鳴村”からのメッセージなのか? いったい、犬鳴村とは何なのか? 奏の運命は?

『犬鳴村』は2020年2月7日より全国公開となる。