シュワちゃん&ハミルトン『ターミネーター』最強タッグの来日決定!

#ターミネーター

(C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
(C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

いよいよ公開まで1ヵ月を切った映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のプロモーションのため、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ティム・ミラー監督が来日することが決定した。リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ティム・ミラー監督がプロモーションのために来日するのは初めてで、シュワルツェネッガーとハミルトンが揃って来日するのも、もちろん初となる!

[動画]解禁となった映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』激アツキャラ映像

『ターミネーター2』(91年)の正統なる続編として話題の本作。シュワルツェネッガーがT-800役、ハミルトンがサラ・コナー役、そしてジェームズ・キャメロンが製作に復帰することもファンの胸を熱くさせている。

そうした中、飛び込んできたのが今回の来日決定ニュース! 2人のレジェンドに加え、未来から送り込まれてきた強化型スーパーソルジャー、グレース役を演じるデイヴィス、さらに『デッドプール』の大ヒットでその名を一躍世界に轟かせたミラー監督も来日する。シュワルツェネッガーの来日は2015年以来約4年ぶりで、11月上旬にジャパンプレミアに出席予定となっている。

また、来日決定に合わせ、シュワルツェネッガー演じるT-800と、ハミルトン扮するサラ・コナーの胸アツなキャラクター映像も解禁となった。記念すべき第1作目『ターミネーター』(85年)で後に抵抗軍のリーダーの母になる若きサラ・コナーを抹殺するため、未来から送り込まれたT-800は、『ターミネーター2』(91年)では彼女を守るヒーローとして帰ってきた。

解禁となった映像では、シュワルツェネッガー本人が「T-800は、より人間らしくなっている」と語り、その理由についてミラー監督が「プログラミングを自ら書き換えた」と話すなど、T-800がより人間らしく、自らの意思で行動するようになっていることが示唆される。

一方、サラ・コナーに関しては、ミラー監督が「サラ・コナーの物語が本作で終わる」とコメント。ハミルトン自身は「確実に訪れる未来を知り、人類のためにマシンと戦う戦士となった」と語り、本作では製作のほか共同脚本も担当するキャメロンが「最高にクールな英雄だ。ターミネーターを自分から狩りに行く」と話している。

はたして、どのような結末を迎えるのか?『ターミネーター:ニュー・フェイト』は11月8日より全国公開となる。