『アラジン』早くもMovieNEX発売決定!中村倫也と木下晴香のインタビュー映像も到着

#アラジン

(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney

令和初の興行収入120億円突破作品となった映画『アラジン』が、早くも9月25日より先行デジタル配信開始、10月9日にMovieNEXが発売される。これを記念し、アラジン役とジャスミン役の日本版ボイスキャストをつとめた中村倫也と木下晴香のインタビュー映像が解禁となった。

『アラジン』ついに興収120億円突破!連休のない6月公開作品としては異例のヒット

主人公はダイヤモンドの原石のように、貧しくも清らかな心を持つ青年アラジン。中村は自身との共通点について、「困ってる人をほっとけないところ」を挙げると、「例えば冒頭で、お腹がすいている子どもがいたら(パンを)あげたりとか、ジャスミンと見たことない景色の話をしたら『じゃあ行こうよ』ってなったりとか。ちょっと困ってたり、踏み出せない人がいると、ほっとけなくなって、世話を焼きたくなるみたいなところは似ているかも」とコメント。

一方の木下は、自立した心と強い好奇心を持つ王女ジャスミンとの共通点について「好奇心が強いところ」と語るも「私は(ジャスミンとは違って)すぐに行動に移せないタイプ。じっくり悩んでからじゃないと動けないので、そういう部分はジャスミンってかっこいいなって思いますし、そうなれたらいいなって思いますね」と、ジャスミンへの憧れの気持ちを吐露した。

また木下は、今後挑戦したいことについて「ダンスもすごい好きなんですけど、レッスンに行こう、行こうと思っても、中々、行けなかったり。新しいことに挑戦してみたいことがあっても、しっかり下準備しないと行動に移せないタイプ」だと明かす。と、そんな木下に中村が「それを叶える方法を教えてあげる」とアドバイス。その方法とは「カメラに向かって言っちゃう」ことだそうで、そう言われたものの木下は、カメラに向かって宣言することに対しても慎重な様子だった。

さらに、ランプの魔人ジーニーに叶えてほしい願いを尋ねると、「男性になって過ごしてみたい」(木下)、「サメになりたい」(中村)とそれぞれ回答。木下は「全然違う世界に見えるんだろうなと思って。見てみたいです」と“新しい世界”への興味を明かし、中村は「1日以上は怖くて嫌ですけど、海を自由に泳いでみたいですね。空はアラジンで自由に飛んだので」と話す。さらに、魔法のじゅうたんで行きたいところを聞かれると、中村は「日光」と答えるも、「魔法のじゅうたんで日光って面白いですね(笑)」と自ら突っ込み大笑い。最後は2人揃って「『アラジン』をMovieNEXでお楽しみ下さい」とアピールしている。

本作『アラジン』は、アニメーション版に続いてジーニー役を山寺宏一がつとめるなど吹替版も話題となり、劇場公開時には「字幕版と吹替版の両方を見たい」というリピーターが続出した。MovieNEXでは字幕版・吹替版の両方を楽しむことができるほか、撮影の舞台裏や未公開シーン、NGシーン集に加え、「スピーチレス〜心の声」などのミュージック・クリップや未公開曲「デザート・ムーン」などの貴重なボーナス・コンテンツも多数収録(デジタル配信(購入)にも一部収録)。

9月25日より先行デジタル配信が開始となるほか、10月9日にMovieNEX(4200円+税)と4K UHD MovieNEX(6000円+税)、4K UHD MovieNEX スチールブック(7000円+税/数量限定)が発売。実写版とアニメーション版の両方を豪華デジパック仕様に収めたセット商品『アラジン MovieNEXコレクション(期間限定)』(8000円+税)や、アニメーション版をより高画質・高音質で楽しめる『アラジン 4K UHD』(5800円+税)も同時発売、ブルーレイとDVDのレンタルもスタートとなる。