塚本晋也監督、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で審査員に!

#塚本晋也

塚本晋也監督
塚本晋也監督

塚本晋也監督が、第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員をつとめることが決定した。

[動画]監督賞の塚本晋也にリリー・フランキーがミニ金獅子賞贈る/日プロ大賞授賞式

塚本監督は、昨年『斬、』が第75回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品。ヴェネチア国際映画祭との縁は深く、過去には『六月の蛇』(02年)でコントロコレンテ部門(のちのオリゾンティ部門)で審査員特別大賞、『KOTOKO』(11年)はオリゾンティ部門で最高賞のオリゾンティ賞を受賞。コンペティション部門へは『鉄男THE BULLET MAN』(09年)、『野火』(14年)、『斬、』(18年)と3度の出品をはたしている。

塚本監督が同映画祭で審査員をつとめるのは1997年のメインコンペティション部門、2005年のオリゾンティ部門に次いで3度目。第76回ヴェネツィア国際映画祭はアルゼンチンのルクレシア・マルテル監督を審査員長に迎え、現地時間8月28日に開幕する。

塚本監督は今年に入り、ドイツで開催された「第19回ニッポン・コネクション」でニッポン名誉賞を受賞、また現在米・NYで開催中の北米最大の日本映画祭「第13回JAPAN CUTS 〜ジャパン・カッツ!」にて第8回カット・アバブ賞を受賞と、これまでの功績を称え贈られる賞を続けて受賞している。

『鉄男』(89年)での鮮烈な劇場映画デビューから今年で30周年。『鉄男』生誕30周年企画シリーズ特集上映が全国順次公開中。また2015年の初公開より毎年終戦記念日を中心にアンコール上映を重ねる『野火』は5年目を迎え、今夏も30館以上の劇場にて上映が決定している。