『ファイナル・デスティネーション』脚本家が仕掛けるサバイバルスリラー『デッド・ウィッシュ』公開決定!

#ファイナル・デスティネーション

『デッド・ウィッシュ』ポスタービジュアル
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
『デッド・ウィッシュ』ポスタービジュアル
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
『デッド・ウィッシュ』ポスタービジュアル
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.

『ファイナル・デスティネーション』の脚本家が仕掛ける最叫サバイバルスリラー『デッド・ウィッシュ』(原題:The Final Wish)が7月12より公開されることが決定し、その予告編とポスタービジュアル、場面写真が解禁となった。

『デッド・ウィッシュ』その他の場面写真

『ファイナル・デスティネーション』は、飛行機事故を予知し、1度は死の運命を回避した若者たちが、結局は死の運命から逃れることができず、次々と命を落としていく大ヒットホラー作品。『デッド・ウィッシュ』は、この作品の原案と脚本を手がけ、世界にその名を知らしめたジェフリー・レディックが、『インシディアス』シリーズのリン・シェイ、『キャンディマン』シリーズのトニー・トッド出演で贈る秒殺のサバイバルスリラーだ。

父親の葬儀で久しぶりに故郷に戻った弁護士のアーロン(マイケル・ウェルチ)は、葬儀後、父親が営んでいた骨董品店から謎めいた壺を発見する。その夜、隣家の犬パディントンが吠え続け、目を覚ましたアーロンは、パディントンに「頼むから静かにしてくれ」と怒鳴りつける。すると翌朝、なんとパディントンは死んでいた…。その壺に願い事を託したら決して“死の運命”から逃れることはできない。想像を絶する“死”がアーロンの周囲に襲い掛かる…。

解禁となった予告編は、父親の葬儀に出席するため、久しぶりに実家に帰った弁護士のアーロンが「父さんと話がしたい」とつぶやくシーンから幕を開ける。すると、アーロンの母親が「アーロン、奇跡が起きたわ。お父さんが戻ってきたの」と告げ、次の瞬間、確かに死んだはずの父親が映し出され、ここで画面は一転、「『ファイナル・デスティネーション』の脚本家が仕掛ける新たな死の“運命”」というテロップが表示される。

さらに「壺は願い事をする度、力を増し形を作る」という恐るべき事実が明らかとなり、「何が望みだ?」と尋ねるアーロンに対し、「“死”よ」と答える声。そして「世界はバランスで成り立つ。生があれば、その反対の死が存在するのだ」という言葉。描かれていく数々の“死”。はたして、どうすればその“死”の運命から逃れることができるのか?

『デッド・ウィッシュ』は7月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開となる。