EXILEのUSA、ダンスのリズムで心肺蘇生!?

#EXILE

EXILE USA
EXILE USA
EXILE USA
左から日本ライフセービング協会理事長の入谷拓哉氏、USA、日本赤十字社 健康安全課の河合香奈氏、日本赤十字社事業局 救護・福祉部参事監の軽部真和氏
USA
河合香奈氏とUSA
USA
左から入谷拓哉氏、軽部真和氏、USA、河合香奈氏
左から成瀬、ふてこ、ねお、紗蘭、山之内すず
左からふてこ、成瀬、ねお、山之内すず、紗蘭

EXILEのUSAが7月1日に東京・日本赤十字社本社で行われたイベント「#BPM100 DANCE PROJECT」の発足記者会見に出席した。

「#BPM100 DANCE PROJECT」発足記者会見、その他の写真

「#BPM100 DANCE PROJECT」は、CPR(心肺蘇生)の普及を目的として、ダンスをきっかけに心肺蘇生のリズムと動作を学ぶプロジェクト。このプロジェクトのパフォーマンスアンバサダーに就任したEXILEのUSAは「ダンスで人の命を救うと言ったら大げさかもしれませんが、1人でも多くの人に心肺蘇生を知ってもらえればと思います」と抱負を語った。

USAは、この日から動画配信プラットフォーム「TikTok」上で公開された公式動画で、ダンスのリズムがそのまま心肺蘇生に使えることを実演。「できるだけポイントを踏まえて作りました。僕も子どもたちにダンスを教える機会が多いんですが、若い子たちにはストリートダンスがすごい身近になっていると思います。浸透させやすいと思いますね」と若者にも覚えやすいダンスであることをアピールしていた。

そんな彼だが、プロジェクトの課題でもある心肺蘇生に関しては、これまで1度も行ったことがないという。「心肺蘇生の手当をしたことはないんですけど、いつ、そういう場面に出くわすかわかりません。友だちだったり家族だったり、見知らぬ人かもしれないので、自分自身も勉強しながら広めていきたいと思います」とコメント。心肺停止から2分以内に心肺蘇生を行うと約90%の人が助かるとレクチャーされると、「1分の間にたくさんやることがあるんだなという印象です。スピード感が大事だと思うので、キレキレなダンスのように行いたいですね」とやる気十分。

イベントの最後には「これから楽しい夏がやって来ます。水辺の事故とかも増えてくると思いますので、家族でお互いにやりあうとか友だちとやりあったりして、多くの人に正しい心肺蘇生を知っていただき、1人でも多くの方が助かってくれたらいいなと思います」と訴えた。

また、この日のイベントではインフルエンサーのねおらも登壇。ステージ上で「#BPM100 DANCE」のパフォーマンスを披露した。