早くもトップ! 中島健人が泣いた珠玉のラブロマンス『桜のような僕の恋人』

#Netflix#NetflixTOP10#中島健人#宇山佳佑#松本穂香#桜のような僕の恋人

『桜のような僕の恋人』
Netflix映画『桜のような僕の恋人』

中島健人×松本穂香、早く老いる難病を発症した恋人と歩む切ない未来

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、毎週の人気作品をランキングする「Netflix TOP10」。今回ピックアップするのは、「Netflix日本TOP10」(映画)から、1位にランクインした『桜のような僕の恋人』だ。宇山佳佑の恋愛小説を映画化した本作が、2022年3月24日に配信されてから早くもトップに躍り出た。

SexyZone中島健人、難病の恋人と共に夢を目指し「恋愛って人を強くしますよね」

物語は、美容師の美咲(松本穂香)に恋した主人公の晴人(中島健人)が、彼女をデートに誘うところから始まる。目標に向かい努力する美咲に、夢だったカメラマンの道に再び向き合ってゆく晴人だったが、美咲が「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症してしまう。好きな人と同じ歳月を歩めないという現実の前に、晴人と美咲は “二人の歩み方”を見つけてゆくというストーリーだ。

「最高傑作にしたい」と意気込む中島、難役を見事に演じた松本

人の何十倍も早く老いる「早老症」という難病を扱い、美しくも切ない恋模様を描いた感動作。かねてより原作のファンであったという中島は、制作発表時に「震えるような感動と同時にずっしりと重い責任を感じました。僕の役者人生の中でもっとも泣いた宝物のような脚本です。僕の26年の人生の最高傑作にしたいと強く思っています」とコメントしており、その意気込みに違わず、心優しく控えめながらも一途に美咲を想う晴人を瑞々しく演じきった。普段の王子様キャラの中島とは一線を画す、儚くも繊細な役どころに注目したい。また、難病を抱える難しい役柄に挑戦した松本も、難病を申告されながらも、晴人をはじめ大切な人たちとの時間を丁寧に生きる美咲を見事に表現し、同世代からの共感の声を集めた。

60万部のベストセラー小説の実写映画化とあって、ファンたちの期待値は大きいものだったが、原作の忠実度が高かったとの評価を得た本作。また、目を奪われるような満開の桜が彩る映像美も好評を博し、コロナ禍で花見もままならない人々の心を癒す作品となった。(文:U)

Netflix映画『桜のような僕の恋人』は配信中。

桜のような僕の恋人

【Netflix日本Top10(映画)/3月21日~3月27日】
1位『桜のような僕の恋人』
2位『ブラック・クラブ』
3位『ジョン・ウィック:パラベラム』
4位『アダム&アダム』
5位『SING/シング』
6位『レスキュードック・ルビー』
7位『ドクター・ドリトル』
8位『オブリビオン』
9位『運命のイタズラ』
10位『るろうに剣心 最終章 The Beginning』

INTERVIEW