ステップファミリーのリアル!? 笑いも涙も満載の『ピオラ花店の娘たち』 

#ジョンホン#チェ・ウン#チョン・ミナ#ナ・ヘミ#ピオラ花店の娘たち#韓国ドラマ#韓流

ピオラ花店の娘たち
『ピオラ花店の娘たち』
Licensed by KBS Media Ltd. (C)2020 KBS. All rights reserved

ピオラ花店の娘たち
ピオラ花店の娘たち
ピオラ花店の娘たち

最高視聴率22.5%! 再婚家庭を描いたハートフルストーリー!

女同士の友情を誓った花屋の娘キム・ボラ(ナ・へミ)とシン・アリ(チョン・ミナ)だったが、互いの親同士が再婚したことで家族になり、喧嘩の絶えない仲になっていた。天真爛漫なボラはお天気キャスター、ボーイッシュなアリは放送作家として大活躍。そんなある日、疎遠になっていたアリの実母が再婚相手との子供、小学5年生の娘ピョリを残して突然死してしまう。施設に行きたくないと泣いてすがるピョリにアリは先輩作家の娘と嘘をついて家へ連れてくるが…。

・つらい過去を抱えながらも恋に仕事に突き進む!? 30代女性のリアル・ラブコメ

お父さんの豹変ぶりが怖い! 健気な小5の娘に号泣!?

小学5年生の女の子が来たことで喜んで迎え入れる家族だったが、何かの弾みでアリの異父姉妹であることが判明。最後に知ることになったアリの実父は激怒し、「俺を騙したな!2人とも出ていけ!」とアリに怒鳴る。アリの実母である前妻に浮気されたというトラウマを抱えているようだが、いつもニコニコと食事を作ってくれたお父さんのあまりの豹変ぶりに、見ているほうも戸惑ってしまうほどだ。物分かりのよすぎるピョリが「おじさんが嫌がるから」と自ら姿をくらまそうとするところも誰もが涙を誘われるポイントになるだろう。

イケメン2人と四角関係!? 娘たちの恋の行方は?

思わず笑顔がこぼれるラブコメ要素も満載だ。弁当事業を始めた働き者のカン・デロ(チェ・ウン)は、ボラの大ファン。彼の考案した訳あり食材をつかった“おブス弁当”というネーミングも面白い。花輪にぶつかりそうになったボラを助けたことから顔見知りになり、デロの猛アタックが始まるのも注目したいところだ。

一方、ボラの幼馴染みでアメリカから帰国したオンラインフードマーケット“デイブレイク”代表のナ・ジュンス(ジョンホン)は、常にクールを気取っていて、公私共にボラとの仲を深めていたが、ひょんなことからアリと事故の被害者と加害者として出会ってしまう。アリがジュンスを“損害賠償”、ジュンスがアリを”良心のない女“とスマホに番号登録しているのには笑えた。

デロとジュンスの2人の男性がボラに思いを寄せている状態だが、彼らの関係性がどのように変わっていくのか気になるところだ。

連れ子よりも実子に厳しい!? 新しい家族の絆を描くホームドラマ

両親の離婚に伴う子どもの環境の変化が問題になることもあるが、本作では、連れ子には甘く、実子には必要以上に厳しく接する親の姿にハッとさせられた。

そして、ピョリが「お父さんがいないとみんなにからかわれてきた。これからはお母さんもいないとからかわれる」と泣く場面が胸に迫る。韓国では全120話も放送されただけあり出演者もかなりの数だが、全員がどこかで繋がっているというのも面白い。

・『ピオラ花店の娘たち』その他の写真はこちら

難しい問題ではあるが、誰の子どもとか誰の親というのを全てとっぱらって新しい家族を作っていく。そんな家族の絆があればいいと希望を持ちたくなるドラマであった。(文:渡邉啓子/ライター)

『ピオラ花店の娘たち』
BS日テレ:毎週月~金曜日 午後4:00~5:00 放送中
GYAO!、ひかりTV、U-NEXTなどにて配信中
DVD販売中&レンタル中
発売元:「ピオラ花店の娘たち」製作委員会
販売元:竹書房

INTERVIEW