『ミスミソウ』山田杏奈インタビュー

期待の若手女優が見せる残酷さとはかなさ!

#山田杏奈

バイオレンスシーンはあまり意識せず演じた

押切蓮介の人気コミックを、映画『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮監督で実写映画化した『ミスミソウ』。本作で主人公・野咲春花を演じるのが、映画初主演となる女優・山田杏奈だ。

山田演じる春花は、東京から田舎の中学に転向してきた「部外者」として凄惨なイジメを受けていたが、ある事件をきっかけに復讐に燃えるという難役だったが「しっかり主人公の気持ちを表現できるように演じたかった」と強い意志で臨んだという。現在17歳、高校生の山田が作品への思いや、今後の女優人生について語った。

──非常にシビアなテーマに挑んだ作品でしたが、どんな気持ちで撮影に臨んだのでしょうか?

山田杏奈

山田:原作は中学3年生のころ読んでいたので、オーディションではある程度どんな話かは知って臨みました。合格して主演を務めるということに直面したとき、作品の性質的なものもあるのですが、プレッシャーは感じました。でも、バイオレンス要素はありますが、行動の要因が、誰もが持つ人の本質的なものだと感じていたので、しっかりと深い部分を表現できればという気持ちで挑みました。

──ある出来事がきっかけで、春花は大きく変わりますが、どんな部分を意識して演じたのでしょうか?

山田:春花のもともとの性格と、事件があったあとの壊れてしまった春花との変化は、内藤監督としっかりお話をさせていただきました。壊れてしまった春花の方が、私としては感情を出さないで淡々としているイメージだったので、目力は意識しつつも、そこに憎しみや怒りを込めるのではなく、内に募らせていくようなお芝居を心がけました。

山田杏奈

──色のコントラストなど、映像は非常に神秘的ではかない印象を受けましたが、出来上がりを見てどんな感想を持ちましたか?

山田:台本を読んで話は分かっているのですが、それでも辛いなと思える作品でした。演じているときは、バイオレンスやグロい描写はあまり意識していなかったのですが、画面を通してみいると、たくさん血が出ていたりして、ズシっと重みを感じました。

──過激な描写がありつつ、根底には純粋な愛や嫉妬がある作品。愛の重みなどは意識して演じましたか?

山田:春花は、(清水尋也演じる)相場くんや、(大谷凜香演じる)妙ちゃん、(遠藤真人演じる)池川くんたちの愛情には気づいていなくて、そこから悲劇が起こるのですが、春花の心の底には家族への愛情があるので“自分の思いがどこにあるのか”ということを意識してお芝居をしていました。

──今回主演として作品に立たれていますが、現場ではなにか意識されたことはありましたか?
山田杏奈

山田:主演という立場をいただいている以上、お芝居はもちろんですが、しっかりとしなければいけないという思いはありました。とは言いつつも、現場でリーダーシップをとれたわけでもなく、他の役者さんから勉強させていただくことも多く、まだまだこれからもっと経験を積んでいかなければダメだなと思いました。

──現場以外でも、主演としてプロモーション活動などがありましたね。

山田:『ミスミソウ』という映画の主演としてインタビューを受けさせていただいたりしていると、作品についてより深く考えることができますし、理解も深まる気がします。たくさんの人に作品を知ってもらいたいという意欲も増します。

──非常に重いテーマの作品ですが、現場の雰囲気はいかがだったのでしょうか?

山田:同世代の子たちが集まっていたので、作品のようにギスギスした感じはありませんでした。ただ、私自身がいじめられていて、他の子とは距離のある役だったので、撮影中は意識して少し輪の外にいました。でも撮影が終わってからは、いろいろな話をしました。

山田杏奈

──清水尋也さんと対峙するシーンが多かったですが、いかがでしたか?

山田:清水さんとのシーンで、私が全然うまくできなくて、17〜18テイク撮り直したことがあったんです。そのとき、終わったあと「こういうことがあるからお芝居ってやめられないよね」と言ってくださったんです。すごいな、そうだなって思いました。年齢的に尊敬と言っていられないのですが、早く清水さんに追いつきたいなと思いました。

──シビアな作品を撮る内藤監督ですが、現場ではいかがでしたか?

山田:作品のテイストとは違いすごく穏やかで優しい監督でした。ただ、シーンに関しては何回もやらせていただくこともあり「もう一回、もう一回」と非常にこだわりを持たれている方だなという印象があります。

素の自分はあまり面白くない性格(笑)
山田杏奈

──非常に多くの雪のなかでの撮影のようでしたが。

山田:本物の雪に囲まれているので、とても寒かったですね(笑)。私自身、ここまで長い期間、現場にいたのは初めてで、しかも雪のなかでの撮影が多かったので、大変だなと感じることもありましたが、楽しさの方が大きかったです。

──主演を経験して、あらたに女優として感じたことはありますか?

山田:役を通していろいろな人になれるのは楽しいです。『ミスミソウ』でも普段の自分の生活では絶対にできないことをやらせていただいていますし、すごく面白い体験でした。今後も自分に近いような役はもちろん、まったく違う役も積極的にやっていきたいと思いました。

──凄惨な役などをやるとパブリックイメージは気になりませんか?

山田:あまり気にはなりません。“私じゃないんだ”と思うことで、思い切りの良い演技ができたりするので……。鉄パイプをガンガン振り下ろしたり、くぎを刺したりする場面も、ある意味で楽しく演じさせてもらいました。

──目標とする女優さんはいますか?

山田:満島ひかりさんがすごく好きです。満島さんが演じるキャラクターって、満島さんだからこそ魅力的になっているんだなと感じるんです。私はまだまだですが、いつかは満島さんみたいな女優さんになりたいです。

──素敵な女優さんになるために心がけていることはありますか?

山田:最近、いろいろな現場に参加させていただき、他の俳優さんのお芝居を間近で見る機会が増えているのですが、台本の役柄をどう演じているんだろうと、すごく観察しています。とても勉強になります。あとは、学校でクラスメイトをよく見るようになりました。いろいろな性格の人がいて面白いです。

『ミスミソウ』
(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

──山田さんご自身はどんな性格なのですか?

山田:あまり明るくなく、面白くもないですね(笑)。趣味とかには熱中しますが、友達と一緒になってはしゃいだりすることはなく、割と冷めているのかなと思います。

──熱中している趣味はありますか?

山田:本や漫画を読むのが好きです。最近では「爪と目」という小説を読みました。読んでいて、良いセリフなどを見つけると、周りに誰もいなければ、一人で言ってみたりします(笑)。

──最後に作品の見どころを。

山田:普段の生活のなかでは、起こってほしくないような出来事が描かれていますが、その根底にあるものは、純粋に誰かを愛する気持ちだったりするので、世代問わずより多くの人が共感してもらえる作品だと思います。

(text:磯部正和/photo:小川拓洋)

(ヘアメイク:横山雷志郎/スタイリスト:杉浦 優/ワンピース:カッティーシオマラ、トップス:ティート トウキョウ)

山田杏奈
山田杏奈
やまだ・あんな

2001年1月8日生まれ、埼玉県出身。2011年に開催された「ちゃおガール☆2011 オーディション」でグランプリを受賞し、デビュー。『ミスミソウ』(18年)で映画初主演。『小さな恋のうた』(19年)で第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。ドラマは『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(20年)でW主演を務め、『書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜』(21年)などに出演。映画は『ジオラマボーイ・パノラマガール』(20年)、『樹海村』(21年)にW主演し、『名もなき世界のエンドロール』(21年)、『哀愁しんでれら』(21年)、『彼女が好きなものは』(21年)に出演。