『パラサイト』興収10億円突破!韓国映画としては10年ぶりの快挙

#パラサイト

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

第72回カンヌ国際映画祭において審査員満場一致で最高賞にあたるパルムドール賞に輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』。1月10日に全国公開となったこの映画が、1月27日までに興行収入10億円を突破したことがわかった。

『ジョーカー』がアカデミー賞候補最多11部門、『パラサイト』は6部門の快挙

韓国映画が興収10億円を超えるのは、『サヨナライツカ』(2010年公開/イ・ジェハン監督、主演:中山美穂)以来10年ぶり。さらに、製作も主演も韓国人がつとめた韓国映画で10億円を突破するのは、『私の頭の中の消しゴム』(2005年/イ・ジェハン監督、主演:チョン・ウソン)以来15年ぶりの快挙となる。

また、本作は公開3週目の週末土日2日間(1月25日、26日)でも動員と興収で前週比120%越えという驚異的な数字を記録しており、劇場では上映回数や席数を増やして溢れる観客に対応しており、上映劇場も緊急拡大している。2月10日に発表されるアカデミー賞では作品賞、監督賞をはじめ6部門にノミネートされており、その行方にも注目だ。