のん、『この世界の片隅に』シーン加えた新作出演は「スゴく緊張」

#のん

のん
のん
のん
のん
のん
岩井七世
コトリンゴ
のん
岩井七世
コトリンゴ
片渕須直監督
左からコトリンゴ、のん、片渕須直監督、岩井七世
左からコトリンゴ、のん、片渕須直監督、岩井七世

女優の“のん”が11月4日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されたアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のワールドプレミアに岩井七世、コトリンゴ、片渕須直監督とともに登場。ヒロイン・すずを再演した今の心境を語った。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ワールドプレミア、その他の写真

本作は、『この世界の片隅に』(16年)に新カットを加えた長尺版。広島県呉に嫁いだすず(のん)が、昭和の激動の時代を懸命に生きる様を描写する。

再び本作のヒロインを演じたのんは「期間を経てから同じ役を挑むのが初めての経験だったので、スゴく緊張していた」と本音を吐露。「何度も作品を見返したり、原作を読み返したりして、新しいシーンに対してどういう解釈をしようかと構築していくうちに、なんとなくすずさんの皮膚感が戻ってきた」と振り返り、収録スタジオで監督に再会して「監督への信頼があったので、しっかり強い気持ちを持って臨むことができました」と話した。

前作で描かれなかったすずの夫・北條周作と遊郭で働く白木リンの秘密も描かれる本作。のんは「スゴく複雑な気持ちだなと思いました。リンさんが、すずさんの中でこんなに存在が大きい人だったんだなというシーンがたくさんある」と説明。「周作さんとの秘密が、すずさんにとっても、自分がどこに感情を置けばいいのか戸惑っている気がしました。その中で色んな感情が、入れ替わり立ち替わり外に出てくる。その複雑な部分が難しいなと思いましたが、スタジオで監督に演出をして頂きながら『あ、こういうことか』と気づける部分もあった。自分自身もたくさん気づきがあって、再び挑めることができて良かった」と述べた。

片渕監督は「スゴく長い映画なのですが、実はまだ途中でして(笑)。まだ数分長くなります。でもそれは、もっと長いすずさんの人生の1ページ、2ページ。ちょっとだけページが多く開かれたということだと思う。この映画を通じて、すずさんの人生を感じて頂けたら」とアピール。すずが、前作より多くの人々と接触したことで「すずさんの人格・存在が多面的になった」と解説した。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日より全国公開となる。