ハローキティ初のハリウッド映画の脚本家が決定!

#ハローキティ

(C) 1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.
(C) 1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.
(C) 1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.
リンジー・ビア

ハローキティ初のハリウッド映画の脚本を、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」(Known Universe)のリンジー・ビア(Lindsey Beer)が手がけることが発表された。

ハローキティ、初のハリウッド映画化決定!ワーナーが世界配給

「ノウン・ユニバース」はリンジー・ビアが、脚本家のニコール・パールマン(Nicole Perlman)、ジェニーバ・ロバートソン=ドワレット(Geneva Robertson-Dworet)とともに女性脚本家3名で2018年に共同設立。現在ハリウッドで引っ張りだこのプロダクションで、リンジー・ビアは今まで『トランスフォーマー/最後の騎士王』『ゴジラVSコング(仮題)』『Masters of The Universe(原題)』などの作品に携わってきた。

また、最近ではエグゼクティブ・プロデュースもつとめた『シエラ・バージェスはルーザー』の脚本を担当し、現在は『The Magic Order(原題)』のショーランナー、脚本、エグゼクティブ・プロデュースをつとめている。

さらに、「ノウン・ユニバース」の共同設立者であるパールマンとロバートソン=ドワレットは、世界的大ヒット作品である『キャプテン・マーベル』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『名探偵ピカチュウ』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』といった話題作の原案・脚本を手がけている。

本作は、米国のワーナー・ブラザース・エンターテイメント傘下の映画製作会社で『ロード・オブ・ザ・リング』3部作などで知られるニュー・ライン・シネマ社とフリン・ピクチャー社が製作。「ノウン・ユニバース」はエグゼクティブ・プロデュースをつとめ、世界配給を米ワーナー・ブラザース映画が手がける。