安全装置なしで絶壁に挑戦!アカデミー賞に輝く長編ドキュメンタリーの特報解禁

#クライミング

(C) 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.
(C) 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.
(C) 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.
(C) 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

そびえ立つ巨岩にフリーソロで挑む1人の男。その一部始終を臨場感溢れるカメラワークで捉え、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝いた『フリーソロ』。このドキュメンタリー映画の特報とポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となったドキュメンタリー映画『フリーソロ』特報

ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー フィルムズ製作による本作は、稀代のクライマー、アレックス・オノルドが、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む姿を捉えたもの。スリリングで、手に汗握るこの映像を作り上げたのは、2015年の山岳ドキュメンタリー『MERU/メルー』が絶賛されたジミー・チン&エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィの監督コンビ。

アレックス・オノルドは1985年8月17日生まれ。10歳の時にカリフォルニア、サクラメントのジムでクライミングを始め、以後、世界で最も有名なクライマーの1人となる。フリーソロ・クライミングはロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るというもので、オノルドはこの世界の若きスーパースター。そんな彼には壮大な夢があった。それはカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、いまだかつて1人もいない中、幾度の失敗と練習を重ねオノルドは、2017年6月3日早朝、1人エル・キャピタンへと向かう。

解禁となった特報は、安全装置をつけていないオノルドが、絶壁を登っているシーンとともに幕を開ける。「はぁはぁ」という荒い息づかいが聞こえる中、しっかりと指をひっかけ、少しずつ絶壁を登る姿。一つ間違えれば命を失ってもおかしくない中で、それでも上へ上へと登り続ける姿は、神々しくさえある。

『フリーソロ』は9月6日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。