実在する廃病院で体験する極限の恐怖!映画『コンジアム』予告編解禁

#コンジアム

(C)  2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
(C)  2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
(C)  2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

廃墟となった精神病院に興味本位で乗り込んだ7人の若者たちが体験する極限の恐怖を描くホラー映画『コンジアム』予告編が解禁となった。日本でも大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続く、ネクスト・コリアンホラーとして話題を呼んでいる。

[動画]解禁となった『コンジアム』予告編

舞台は、韓国の京畿道広州市に実在する「コンジアム精神病院」の廃墟。かつてここでは、大勢の患者が不可解な死を遂げ、院長が失踪もしくは自殺したとされ、閉鎖後には幽霊の目撃情報などの恐ろしい噂が絶えず、2012年に「世界7大心霊スポット」のひとつに選出された。ちなみこの中には、ウクライナのチェルノブイリ遊園地などとともに日本の青木ヶ原樹海、軍艦島も名を連ねている。

予告編では、入院患者の集団自殺や病院長の行方不明事件などで閉鎖されたコンジアム精神科病院に訪れた7人の若者が、得体のしれない“何か”に襲われていく様を極限の臨場感溢れる映像で映し出している。廃墟となった壁に残された「取り残された」「何しに来た」「誰かが住んでる」といった不気味な落書き、突然閉まる扉、人型を思わせる黒いシミといった恐怖の断片が若者たちを次々と襲う。そして極めつけは暗視モードとなった画面に写り込んだ、いるはずのない人間の不気味な顔、走ってくる謎の人影。SNSやYouTubeに慣れ親しんだ若い世代の感性を刺激してやまない超体感型ホラーがついに日本公開となる。

『コンジアム』は3月23日よりシネマート新宿ほかで全国順次公開となる。