“妊娠中の男性”を斎藤工が演じる社会派コメディ、早くもNetflix TOP10にランクイン!

#NetflixTOP10#コラム#ヒヤマケンタロウの妊娠#上野樹里#斎藤工

『ヒヤマケンタロウの妊娠』
Netflixシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』独占配信中
『ヒヤマケンタロウの妊娠』
『ヒヤマケンタロウの妊娠』配信イベント

斎藤工×上野樹里でドラマ化『ヒヤマケンタロウの妊娠』

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、毎週の人気作品を発表する「Netflix TOP10」。今週は、「Netflix 日本 TOP10」(TV)から、8位にランクインした『ヒヤマケンタロウの妊娠』をピックアップ。2022年4月21日から全世界配信された本作は、「男性の妊娠」という衝撃のテーマで早くも話題を呼んでいる。

斎藤工が妊娠してエコー検査!?『ヒヤマケンタロウの妊娠』メイキング写真

スマートに生きることを信条とするハイスペック男子の桧山健太郎(斎藤工)は、仕事をこなし特定の恋人も作らず人生を謳歌していた。そんなある日、突然、自分が妊娠していることを知り、予想外の出来事に慌てふためく。その事実は、桧山のパートナーである亜季(上野樹里)にも衝撃だった。紆余曲折の末、産む決心をする桧山と亜季だったが、初めての妊娠生活に戸惑うとともに、世間からの偏見や差別を体験することに……。

男性が妊娠を体験することで、価値観を変えていく姿を描く

坂井恵理の同名漫画を原作に、男性が妊娠できるようになった架空の世界を描いた本作。自身の妊娠をきっかけに、世の中にはびこるセクシャリティな差別問題に直面した主人公が、それでも出産を決意し、次第に周囲の目や自分自身を変えて成長してゆく物語だ。妊娠や出産、育休は女性の仕事と捉えていた主人公が、身をもって妊婦の苦労や恐怖を経験する中で、これまで抱いていた価値観を変えていく姿は、性別関係なく注目してほしい要素だ。

本作について「何事にも多様性が求められている昨今、男女の入れ替わりを描く本作は、古き悪しき常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています」と語った斎藤は、その原作のリアリティさに驚嘆。また上野も、自身の役柄について「亜季の抱く、家族や家庭に対するネガティブな概念への葛藤や、1人の女性として自由でありたいと願う価値観に変化が生じたりと、桧山と共に成長していくキャラクターを楽しんで演じたい。ジェンダーやマイノリティ、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたら」と語っている。男女の役割の逆転生活やギャップをコミカルに描きながらも、多様な価値観を認め合う世の中であることを訴えた社会派ドラマに注目したい。(文:U)

『ヒヤマケンタロウの妊娠』配信イベント

4月21日に行われた配信記念イベントに登壇した斎藤工と上野樹里

【Netflix日本Top10(TV)/4月18日~4月24日】
1位『社内お見合い』
2位『SPY×FAMILY』
3位『気象庁の人々』
4位『39歳』
5位『二十五、二十一』
6位『愛の不時着』
7位『盾の勇者の成り上がり』
8位『ヒヤマケンタロウの妊娠』
9位『偶然見つけたハル』
10位『結婚作詞 離婚作曲』

INTERVIEW