『台風家族』草なぎ剛×市井昌秀監督インタビュー

公開延期の話題作がついに日の目! 映画ファンへの感謝噛みしめる

#市井昌秀#草なぎ剛

たくさんの方々の気持ちの後押しがあっての公開。すごくありがたい(市井監督)

公開が延期されていた草なぎ剛主演の『台風家族』が、9月6日から3週間限定での劇場公開となった。『箱入り息子の恋』などの市井昌秀監督のオリジナル脚本による本作は、両親の葬儀のために10年ぶりに実家に集った鈴木家の4人きょうだいの物語だ。実は彼らの両親は10年前に銀行から2000万円を強奪して行方不明のまま。遺産相続を軸に、遠慮のない言葉をぶつけ合ううち、それぞれの意外な姿や謎が明かされていく家族のドラマで、長男の小鉄を演じた草なぎと監督に話を聞いた。

──映画がついに公開されることになりました。

草なぎ:みなさんの応援の声が届きました。それなしにはこういう形で実現は出来なかったと思います。スクリーンを通して、去年のひと夏の僕らの情熱、あふれ出る思いみたいなものが世の中に届けられないのはすごく悔しいと思っていたので、いろいろなことがありますけど、とりあえずは、僕はうれしいですし、待ってくれてるファンの方に早く見てもらいたいなと思います。そして、みんな本当にいろんなところに声を届けてくれてありがとう、という気持ちです。

インタビュー中の草なぎ剛(左)と市井昌秀監督(右)

市井:たくさんの方々の、純粋にこの映画を見たいという気持ちの後押しがあって公開できるようになったので、すごくありがたいですし、うれしいです。

草なぎ:本当にみんなの声がないと。あと監督の熱意がないと。

──監督は小鉄役に草なぎさんを想定して書かれたそうですね。

市井:以前から草なぎさんの出演作品をたくさん見させていただいていました。ご本人にはあまり言わなかったですけど、めちゃくちゃご一緒したいと思っていました。そのうえで「草なぎさんで」というお話をいただきました。台本自体は原型となるものはあったんです。ずっと書きためていたものが具体的になっていったのですが、小鉄という名前も、草なぎさんが出ていただけるとなって、決めさせていただいたんです、そう言えば。

草なぎ:そうなんですか。今、初めて聞きました。

市井:小鉄じゃなくて、もっと普通っぽい名前でした。父親の一鉄という名前は昔からあったんですけど。何と言うか、小さいことにこだわる狡さとか、昔のことをすごい引きずってるとか、すごく人間くさいと思うんですが、草なぎさんがそういう役をやると面白いと想定しながら書かせてもらいました。

草なぎ:監督がそこまで言ってくれるって、うれしいですよ。ありがとうございます。関心を持ってもらうって大事なことです。いくら自分で「こういう役をやりたい」と思っても、お話をいただかないとチャンスがないので。

──草なぎさんは小鉄をどういう人物だと捉えて演じられましたか。

草なぎ:脚本を読んだ時、とても面白いと思いました。大変暑い中での撮影だったんですけど、素直に監督の言うことに耳を傾けて、素直に共演者の方と心が通じ合えるように、いろいろ考えて自分なりにはやってみたんですけど、でもやっぱりすごい暑いです、実際(笑)。空調とかも効かない中で、もうクラクラしちゃって。セミの声がだんだん遠のいていくんですよね。必死に台詞をただ言っているだけみたいな感じになってしまったんですけど、逆にそれが作られたような感情じゃなくて、生の、その瞬間でしか起こり得ないようなキャッチボールができたんじゃないかなと思って。そういうものを大事にしました。

──ご自身を想定して書かれた役を演じるのは難しくないですか?

草なぎ剛

草なぎ:そうですね。でも、監督がすごくよく人を見てくれていると思いました。演じる人と役をちゃんとすり合わせて。だから変に不自然に見えないし、取って付けたような感じになってない。真面目に自分が書いたキャラクターと、演じる役者さんのことをまばたきもせずに見てたから、監督の目が充血してるんですよ。

──今回は順撮りされたとお聞きしました。長回しも多いですが、順撮りと長回し、その良かった点と大変だったところをお聞きしたいです。

草なぎ:監督が本当にワンシーン、ワンシーン、ほぼ順撮りで、めちゃくちゃ役者さんにすごく丁寧に接してくれる監督だったので、非常に感情も作れたので、「監督、ありがとう」っていう感じなんですけど。たまに、時間が押してくると、急にカット割りがなくなって(笑)。そういう日は僕が監督にチクチク「今日は時間がなかったから、あそこ長回ししたんですか」なんて言うと「いや、そんなことはない。最初から考えてたよ」と。
 でも撮影は長丁場ですし、1日のノルマとか、どこか妥協しないといけないところもある。でも、その中で最善を尽くす。どの映画もそうだと思うんですけど、でも本当にこのチームは監督が引っ張ってくれたと思います。監督のオリジナル作品ですから、キャラクターの感情とか本当に細部にわたって俳優やスタッフ全員にうまく伝達してくれて、それぞれの部署が役割を果たせたかなと思ってます。長回しは、やっぱり感情がちゃんと持ってないと、見透かされてしまう部分があるので。話が戻るんですけど、めちゃくちゃ暑くて考える余裕がなかったのがよかったかな。クーラーが効いてるスタジオだと、頭を働かせて「こういう演技しようかな」とか、ちょっと思ってしまうところはあったかもしれない。余裕がなかったのが、よかったかな。

市井監督が僕の固定観念を壊してくれた(草なぎ)
──小鉄たちの実家、鈴木家の撮影場所になった栃木は暑いですよね。

市井昌秀監督(左)と草なぎ剛(右)

草なぎ:栃木県の観測史上、一番暑かった日を記録した時も撮ってました。長回しで僕が中村(倫也)君に追いかけ回してるシーンなんて、映ってないんだけど、炎天下で大暴れして。「俺ら、映ってないのにな」って(笑)。何をやってんだろうなと思ったり。でも完成作で見たら、すごい好きなシーンになってます。
 そういえばラストシーンについて、鈴木家のセットで監督が説明してくれたことがあったんですが、全く俺、言ってること意味分かんなくて(笑)。暑いし、「早く終わりにしてほしい。帰りたいんだけどな」と思ってたんです(笑)。でも、ようやく仕上がった作品を見たら、監督が言ったことがよくわかりました。暑い民家の中でラストシーンの説明、覚えてますか、監督(笑)。

市井:覚えてます。

草なぎ:本人、涙ぐんじゃって。

市井:あの最後は、ちょっと僕の中で見えたというか。

草なぎ:僕らは全然見えなかったです、あの時点では(笑)。

市井:確かに珍しいですよね。その日の撮影が終わったのにキャスト全員集めて「ちょっと1回話したいので、お願いします」と。

草なぎ:僕らも聞いていて、監督は涙ぐんでるけど、それが汗なのか、涙なのか分からないくらいで。鍵となるシーンもまだ撮っていなくかったから、「何を言ってんのかな」と思って。でも、自分の中でつながったんですね。

市井:つながったんです。

草なぎ:俺、早く帰りたいなと思ったよ。すいません。

市井昌秀監督(左)と草なぎ剛(右)
──最後に一緒に仕事をしたうえでの印象をお聞きしたいです。

市井:草なぎさんって本当に……何ですかね、宇宙人みたいな方だなというか。

草なぎ:そうですか? そんなことないですよ。

市井:何だろう。本当に固定観念を壊されるというか。草なぎさんと話していたり、お芝居を見ていると。

草なぎ:俺も監督に、その言葉をそっくりそのまま返したいです。本当に僕の固定観念を壊してくれた。だから、水と油みたいな感じかもしれない。ちょっとタイプが違うのかもしれないです。だけど、それが良くなった。

──水と油が合ってしまったっていう。

草なぎ:そういう化学反応が起きてる役だと思う、この役は。今年は慎吾ちゃんと吾郎さんも主演の映画が公開されて、僕も劇場に見に行きました。以前の出演作ももちろん好きなんだけど、やっぱり「新しいステージに立ってるな」と感じたので、僕の作品も見てもらいたいという気持ちもありました。このタイミングでの『台風家族』で、今でしかない感情を、小鉄という役を通してぶつけることができたと思ってます。

(text:冨永由紀/photo:小川拓洋)

市井昌秀
市井昌秀
いちい・まさひで

1976年4月1日生まれ、富山県出身。漫才グループ「髭男爵」元メンバー。2006年、初の長編作品である自主映画『隼』(04年)で第28回ぴあフィルフェスティバルの準グランプリと技術賞受賞。続く『無防備』(07年)で第30回ぴあフィルムフェスティバルのグランプリと技術賞、Gyao賞受賞、同年開催の第13回釜山国際映画祭コンペティション部門グランプリ受賞。13年、商業映画第1作となる星野源主演『箱入り息子の恋』で第54回日本映画監督協会新人賞を受賞。17年、『僕らのごはんは明日で待ってる』、『ハルチカ』の2本が公開。現在ABCテレビの連続ドラマ『サウナーマン〜汗か涙かわからない〜』が放送中。

草なぎ剛
草なぎ剛
くさなぎ・つよし

1974年7月9日生まれ。1991年にCDデビューし、映画は『黄泉がえり』(03年)、『日本沈没』(06年)、『あなたへ』(12年)、ドラマは『僕の彼女と彼女の生きる道』(04年)、『任侠ヘルパー』(09年)など多数作品に出演。2017年9月に「新しい地図」を立ち上げ、『クソ野郎と美しき世界』(18年)の『光へ、航る』(太田光監督)に主演、2週間限定公開で28万人以上を動員する大ヒットを記録。「バリーターク」(18年/演出:白井晃)、音楽劇「道」(18年/演出:デヴィッド・ルヴォー)など舞台でも活躍。今年は鶴岡慧子監督の『まく子』(19年)にも出演。