2人の少年の初恋、そして突然の別れ…「僕の言葉で生き返らせる」

#Summer of 85#フランス映画#フランソワ・オゾン#ラブストーリー#青春映画#イダン・チェンバーズ

Summer of 85
(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES
Summer of 85
Summer of 85
Summer of 85
Summer of 85
Summer of 85
Summer of 85

眩いばかりの日々、突然の別れ、そして再生の物語

フランソワ・オゾン監督の最新作『Summer of 85』が、8月20日に公開される。このたび、第2弾予告編とポスタービジュアル、新場面写真が公開された。

・少年同士の刹那の恋に心揺さぶられる! フランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』

第2弾予告編では、主人公のアレックスがタイプライターに向かうシーンから始まる。ダヴィドと過ごした日々を回想しながら、取り憑かれたように書き進む。

無垢な16歳のアレックスにとって、野性的で自由奔放な18歳のダヴィドは眩いほどの魅力に溢れていた。

「待つ必要はない、人生は短い」と微笑むダヴィドの強引さに惹かれ、次第に恋愛感情を抱くアレックス。バイクの2人乗りも、クラブでのダンスも、この胸の高鳴りも、アレックスにとっての“初めて”を教えてくれたのは、すべてダヴィドだった。

このまま幸せな瞬間が永遠に続くと思っていた矢先、突如訪れたダヴィドとの永遠の別れが訪れる。

生きる希望を失ったアレックスだったが、ある夜に交わした「どちらかが先に死んだら、残された方は墓の上で踊る」という誓いに突き動かされ、「僕の言葉で生き返らせる」とかけがえのない“6週間の青春”の物語を書き綴っていく──。

 

公開されたポスタービジュアルには、バイクで疾走するダヴィドと、彼に頬寄せ愛を噛みしめるようなアレックスの姿が大きく切り取られている。

Summer of 85

また、公開された場面写真は、アレックスが絶望に暮れ涙を流す姿や、ダヴィドの「死」と向き合うことを決意し自らの物語を書き始める姿などを捉えた5点。オゾン監督こだわりのフィルム撮影による粒状の質感、色彩と共に、アレックスの言葉によって蘇る2人の大切な時間が美しく切り取られている。

Summer of 85

その他の新場面写真はコチラ!

フランソワ・オゾンが少年期から35年温めていた題材を映画化

本作品は、1985年のフランスの海辺の町を舞台に、運命的な出会いを果たした少年たちの忘れられないひと夏の初恋を描く。誰しもに訪れる初恋の衝動を圧巻の映像美と巧みな演出で表現し、美しき少年たちが織りなす瑞々しい刹那の恋の物語を紡ぎ出した。

Summer of 85

原作は、英作家エイダン・チェンバーズが82年に発表した青春小説「Dance on my Grave」(おれの墓で踊れ)。オゾン監督が17歳で出会い、「いつか長編映画を監督する日が来たら、第1作目はこの小説だ」と思い続け、約35年の時を経て遂に映像化した。

オゾン監督は、「10代で初めて感じるパッション、どうしても湧き上がる感情を綴った、世代や時代を問わない愛の物語」と語るチェンバーズの思いを忠実に汲み、「少年2人の恋愛に皮肉を一切加えず、世界共通のラブストーリーにした」と語る。

『Summer of 85』は、8月20日に公開される。