お蔵入りだった酒井法子の意欲作『空蝉の森』が公開決定!

##柄本明#亀井亨#斎藤歩#空蝉の森#角替和枝#酒井法子

空蝉の森

2014年よりお蔵入りとなっていた話題作が遂に公開!

2014年に撮影されながらお蔵入りとなっていた酒井法子の幻の主演作『空蝉(うつせみ)の森』が、来年2021年2月5日に公開されることが決定。ポスタービジュアルも解禁となった。

・酒井法子「頑張って、これからも困難も乗り越えていきます」とニッコリ!

酒井が本格復帰を目指した意欲作で、主役のミステリアスな女・結子を演じる。その夫・昭彦役には、舞台を中心に活躍する斎藤歩。退職直前の假屋警部役に柄本明。夫の精神カウンセラー・山井役に西岡徳馬。フリージャーナリストの青柳役に金山一彦。青柳が取材する民宿の女将・佐藤役に、柄本明の妻にして2018年に他界した名優・角替和枝。結子の弟・正雄役に池田努、夫の女・香織役に長澤奈央と、実力派俳優が脇を固める。

監督は、『無垢の祈り』、『私の奴隷になりなさい』の亀井亨。「辛い顔をすると色気が増す」という酒井演じる結子のミステリアスな過去の秘密を丁寧にあぶりだす手法に注目だ。主題歌は、大黒摩季の「OK」(12月23日発売のニューアルバム「PHOENIX」に収録)。

隠された過去が明らかになるにつれ、二転三転

本作は、雄蝉と違い鳴けない雌蝉のように、泣くこともできずにひとりトラウマを抱えて生きてきた結子の物語。3ヵ月の失踪中に記憶を無くし、警察に保護されて突如帰宅した妻・結子(酒井)を、夫の昭彦(斎藤)は「別人」だと主張する。

それに対し、退職直前の失踪課の假屋警部(柄本)は、新人刑事に「あの家の防犯カメラは、外向きでなく内側向きだった」と指摘する。

また結子は、夫の精神カウンセラー・山井(西岡)に、「夫は祖父の遺産をもらえなくなるから、私が戻ってきたら困るはず」と相談すると、夫の女香織(長澤)まで現れる。

一方、失踪者を調べるのが趣味のフリージャーナリスト・青柳(金山)は、島で民宿を営む佐藤(角替)に会いに行き、物語の行方は二転三転。結子の過去が明らかになっていく。

『空蝉の森』は、来年2021年2月5日公開。

INTERVIEW