千鳥、イベント出演を知らされずに会場入り。報道陣に「ドッキリじゃないですよね?」

#千鳥

大悟(左)とノブ(右)
大悟(左)とノブ(右)
大悟(左)とノブ(右)
大悟(左)とノブ(右)
ノブ
大悟
ジェームス英樹

お笑いコンビ・千鳥(大悟、ノブ)が、地元の人なら誰もが知るローカルスターの案内のもと、ご当地グルメやおすすめスポットを巡るロケバラエティ『千鳥のロコスタ』のシーズン3配信が決定し、1月30日に都内で行われた同作のPRイベントに出席。直前まで、本イベントに出席することを知らされていなかったことを明かした。

PRイベントに出席した千鳥、その他の写真

登場した千鳥は、司会者や集まった報道陣に対してなぜかタジタジ。それもそのはず、2人は本イベントへの出席を直前まで知らされておらず、ここへも別番組のロケだと聞いて集合したとのこと。「今朝、拉致の様に突然ここに連れて来られたんです。ドッキリじゃないですよね?」とノブ。大悟は「朝方まで飲んでたから、ロケバスで寝るつもりだった」と充血した目で二日酔いを告白した。

またこの日は、サプライズゲストとしてシーズン1に出演した茨城県のローカルスター・ジェームス英樹が進行役として登場し、そのハイテンションっぷりに千鳥の2人はまたも戸惑いを隠せない様子。過去の放送で食したグルメのベスト3をそれぞれ決める流れになったものの、慣れない進行に手こずるジェームスに痺れを切らした大悟は「人生倍かかるぞ?」と辛辣なツッコミ。ノブも「みなさん、早くロンブーさんの会見に行きたいから」と同日に開催されるロンドンブーツ1号2号の復活ライブに報道陣が早く行きたがっていると話し、会場を沸かせた。

今年で千鳥はコンビ結成20周年。シーズン3決定も兼ねてイベントの最後ではお祝いのケーキと花束が贈呈された。大悟は、千鳥の今後について「現状を継続していきたい」とコメント。ノブも「今が幸せなので、これからもキープしていきたいです」と話した。

前シーズン同様、『千鳥のロコスタ』シーズン3では更なる個性派ローカルスターの登場に期待が高まる。ノブは「通勤・通学時間などのちょっとした時にクスッと笑ってもらえたら」とアピールした。

同番組はGyao!にて2月6日より配信開始となる(毎週木曜日更新)。