石橋蓮司がハードボイルド気取りの売れない小説家に!『一度も撃ってません』予告編解禁

#石橋蓮司

(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ
(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

石橋蓮司が18年ぶりに主演する映画『一度も撃ってません』の公開日が4月24日に決定し、予告編とポスタービジュアル、追加キャストが解禁された。

映画『一度も撃ってません』場面写真

本作は74歳の主人公・市川進(石橋)が、ハードボイルドを極めすぎた小説執筆活動によって、妻も友人も巻き込んで、人生最大の騒動を起こしてしまう大人のハードボイルド&ハートフルなコメディ映画。主人公・市川進を演じる石橋をはじめ、市川の妻・弥生役に大楠道代、市川の旧友・石田和行役に岸部一徳、市川と旧知の仲の元歌姫・玉淀ひかる役に桃井かおりと、日本映画界を代表するシブすぎる俳優が顔を揃える。メガホンをとるのは稲垣吾郎主演『半世界』(19年)の阪本順治監督。

追加のキャストとして発表されたのは、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介と、日本映画に欠かせない主演級の俳優陣。さらに、妻夫木聡、新崎人生、井上真央、柄本明、前田亜季、渋川清彦、小野武彦といった、豪華でバラエティに飛んだ面々が作品に華を添える。また、令和を担う世代として柄本佑や、最年少の一郎が実父の佐藤浩市と初共演を果たす点にも注目だ。

柄本佑は本作出演の経緯を「蓮司さん主演で阪本監督が新作を撮ると聞いたんですが、『歩行者とかでもいいので、何とか出れませんかね』なんて社長に相談したのは初めてのことです。何故って、超絶大好きな蓮司さんの主演作にワンカットも自分が出てないなんて悔し過ぎると思ったからです。しかも阪本組ですよっ。禁じ手を使い出させていただきました……しかし! 出れて本当に嬉しかった! 最高!」と興奮気味にコメントしている。

石橋のシブさ溢れるポスタービジュアルには、劇中で市川が通う行きつけのバー「Y」にメインキャストが集結。解禁された予告編は、夜の街に噂の“スゴ腕ヒットマン”が現れるシーンから始まる。全身黒づくめの服とサングラスにハット、慣れた手付きで銃を扱う市川の姿はハードボイルド映画そのものといった雰囲気。しかし彼は小説を書くために、ネタ集めをしていただけだった! ただのネタ集めがエスカレートし、妻にも疑われ、組織にも狙われるという人生最大のピンチに陥る市川。彼を中心に一癖も二癖もある大人たちが、時にコミカルに、時に哀愁を漂わせる、大人のためのコメディドラマとなっている。

『一度も撃ってません』は4月24日より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。