ロンブー田村淳、活動再開の相方・亮とは「ファミリー」

#田村淳

田村淳
田村淳
田村淳
田村淳と池田美優
田村淳
池田美優
池田美優
池田美優
池田美優
田村淳
田村淳と池田美優
田村淳と池田美優
池田美優
田村淳
池田美優
集合写真

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が1月21日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで催された「みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2020」の授賞式にタレントの池田美優とともに出席。笑いを交えながら、結婚秘話や相方・田村亮の去就などについて語った。

田村淳&池田美優「みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2020」授賞式、その他の写真

3回目となる今回の電子コミック大賞は、昨年10月1日から11月30日まで、2ヵ月間にわたって一般ユーザーが“2020年に電子でヒットしそうなコミック”を予想・投票。授賞式では男性部門賞・女性部門賞・ラノベ部門賞の受賞作(各2作品)と、全部門で最も得票数の多かった大賞を「酒と恋には酔って然るべき」(はるこ)が受賞したことが発表された。

歴史漫画好きの淳は「人生を通して20回くらい読んでいる本が横山光輝先生の『三国志』。60巻以上あるやつを何度も何度も読み返している。そこから学ぶことが多かった。これを女子にすすめても、60巻読破できる人がいない。でも、今の奥さんだけは60巻読破して話しが合うようになった。そこも1つ、結婚の決め手になっている」と告白。

2020年にヒットしそうなものについては「直営業がヒットしそう。吉本興業も直営業5万円以下ならOKと言った。こぞってみんなで直営業を」と述べ、池田から「淳さん、5万円の仕事やりますか?」と聞かれて「やりますよ! 仕事内容にもよるけど、花束贈呈とかだったら5万円でいい。亮さんの10分の1で動きますから」と闇営業で50万円の報酬を受け取ったと言われる相方をイジり、会場を笑わせた。

自身が代表取締役をつとめる株式会社LONDONBOOTSには、昨年闇営業問題で揺れた亮が所属。亮は吉本興業と専属エージェント契約を結び、1月20日には“街の小さな写真屋”で撮ったという宣材写真をネット上に公開。30日には、復帰してから初舞台となる淳とのトークライブを控える。

淳は囲み取材で、亮には地上波テレビの仕事はまだ来ていないものの「(オファーが)ものすごい数来てる。1日200件くらい来ている。怪しいものもありそうなのでジャッジしないといけない。反社チェックしないと同じことになる」と現状を説明。オファーされている仕事は「どこかの花束贈呈式とか(笑)。亮さん、花束贈呈の人だと思われている」と明かし、報道陣の笑いを誘った。

1月30日に亮とのコンビで行う予定のトークライブのタイトルは「family」。「亮さんとはファミリーなのでそういう気持ちで、そういうタイトルにしています」と述べ、亮の存在を尋ねられて「コンビを組んだ最初は、2コ上なのでお兄ちゃんみたいな感じだった。いつの間にか弟になっていた」とニッコリ。吉本の騒動を漫画になることはないかと質問されて「漫画にしてくれる漫画家さんがいたらぜひ」と笑った。

【みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2020 各賞】
■電子コミック大賞:
「酒と恋には酔って然るべき」(はるこ)

■女性部門賞:
「抱きしめて ついでにキスも」(美森青)
「いとなみ いとなめず」(水瀬マユ)

■男性部門賞:
「Arttiste」(さもえど太郎)
「その着せ替え人形は恋をする」(福田晋一)

■ラノベ部門賞:
「悪役令嬢になりたくないので、王子様と一緒に完璧令嬢を目指します!」(月神サキ、雲屋ゆきお)
「こぎつね、わらわら 稲荷神のまかない飯」(松幸かほ)