宮沢氷魚、川への愛を吐露。大学卒論も川研究「もう1回、川の勉強したい」

#宮沢氷魚

宮沢氷魚
宮沢氷魚
宮沢氷魚
宮沢氷魚と藤原季節
藤原季節
宮沢氷魚
藤原季節
宮沢氷魚
藤原季節
宮沢氷魚と藤原季節
宮沢氷魚
藤原季節
宮沢氷魚

俳優の宮沢氷魚が1月20日、明治大学の駿河台キャンパス内で実施された主演映画『his』のプレミア試写会に藤原季節とともにサプライズ登場。川をテーマにした卒業論文のエピソードなどを語り、川好きな一面を明かした。

宮沢氷魚&藤原季節が登場!『his』明治大学プレミア試写会、その他の写真

本作は、2019年放送のドラマ『his〜恋するつもりなんてなかった〜(名古屋テレビ)を前日譚とするヒューマンドラマ。かつて恋人同士だった男性2人、井川迅(宮沢)と日比野渚(藤原)が8年ぶりに再会し、自分たちの生き方を模索する様を描く。

宮沢は今回、映画初主演。LGBTQを題材とした本作について「最後に奇跡的なシーンが起きる。これは、台本にも書いていないセリフや出来事がある。それを頭の片隅に置いておきながら、最後を楽しみにしてほしい」とアピール。

藤原が演じる渚は、迅の前に子どもを連れて現れる。藤原は「この映画に出演したことで、けっこう自分の中に変化があった」と明かし、「自分に対して、少しずつ正直に生きられるようになった。自分の中でも、表と裏がつながっていく感覚というか、『僕はこういう人間なんだ』ということを少しずつ表現できるようになってきました。もし僕が10代、20代のときにそれができていたら、もっと人生楽しかっただろうなとか、大学も中退しないで済んだだろうなとか思った。今日はこういう形で大学に戻ってこれて、個人的に感慨深いです」と語った。

会場では、2人が明治大学生に向けて“学生時代にやるべきだったこと”を発表。かつて国際基督教大学(ICU)に通っていた宮沢は、フリップに「全力で楽しむ!」と記述。「その当時、『(自身は学生生活などを)すごく楽しんでるな。色々やってるな』と思っていたんですけど、いざ仕事してみると、仕事ももちろん楽しいけれど、学生時代にしかできない遊びとか時間の使い方とかもっとやれば良かったと思う。どうしても勉強も忙しいですし、学生は学生のときで時間がないなと思いつつも、いざ社会に出たらもっと時間がないと実感する。忙しくても、若いから体力を使ってとにかく全力で楽しむことが大事だと思う」とアドバイス。

一方、藤原は自身の体験をもとに「自分から好きになる」と回答。「僕が学生の頃、今もなんですけど、自分が誰からも好かれないこととか、大切にされないことに対していつも苛立っていた。まわりの人のことを『くだらねぇな』という目線で見ていた。大学に行ってもなじむことができず、それで結局通うことをやめてしまった。あれから7年くらい経って、誰かに好きになってほしかったら、自分から好きにならないとダメなんじゃないかと思った。それを今、実践して生きているところです。実践して生きてみたところ、けっこう調子がいい(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

宮沢はまた、自身が書いた「東京都内の川の環境変化について」の卒論を述懐。「川が大好き。江戸時代から(宮沢が卒業した)当時、平成何年まで川がどう変わっていったか。そしてその川が東京に、歴史的貢献度というか、社会貢献をもたらしたかという研究をした。英語で85ページから100ページ近く、1年かけて書いた。楽しかった。ぜんぜん苦じゃなかった」と明かし、その卒論は「音読したいくらい。いいのが書けたんですよ」と自信満々。川については「今でも愛してる」と告白した。

藤原が「(本作の撮影現場である)白川町で川を見たときめちゃくちゃ楽しんでたもんね」と言うと、宮沢は「今まで見た川の中でトップ3に入る」と思い出してニッコリ。落ち着いた口調で「もう1回、川の勉強したいな」とつぶやき、川への愛を吐露した。

『his』は1月24日より全国公開となる。