男女逆転のシンデレラストーリー、渡辺直美も出演の人気リアリティ番組ほかお正月のオススメ作品

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』
(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.
『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』
(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

…前編「満足度No1の感動アニメ、国民的人気シリーズ最新作などお正月に見たい映画はどれ?」より続く

【独女のお勧め】お正月に見たい映画/後編

実写映画での感動作として取り上げるのは、日本でも大ヒットを博した2011年のフランス映画『最強のふたり』をハリウッドでリメイクした『THE UPSIDE 最強のふたり』。正反対の2人が友情を育むというストーリーはこれまでも数多く描かれていますが、本作の主人公はスラム街出身の青年と体にハンディキャップを持つ大富豪。決して交わることのなかった2人に生まれる唯一無二の絆と、どんな状況でも人は変わることができるんだという普遍的なメッセージには、誰もが心を動かされるはず。オリジナル作との違いや2人のユーモア溢れるやりとりを楽しみつつ、爽快感のある感動に浸りながらお正月を過ごしてみては?

そして、お正月くらいは何も考えずにただ楽しみたいという人にオススメしたいのは、シニカルラブコメディ『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』。才色兼備の国務長官とうだつのあがらないジャーナリストが繰り広げるラブストーリーは、女性の活躍が目覚ましい現代だからこそ生まれた“男女逆転版シンデレラストーリー”です。仕事も恋愛もがんばりたい独女にとっては、共感度高めの1本といえそうです。主演を務めたシャーリーズ・セロンとセス・ローゲンの息のあったやりとりだけでなく、ギャグや下ネタも満載で楽しめる本作。2020年の初笑い映画としてもピッタリです。

番外編として最後にご紹介するのは、Netflixで大人気のリアリティ番組『クィア・アイ』。なかでもイチオシは、日本を舞台にした特別版『クィア・アイ in Japan!』です。 ファッションやフードなど各専門分野で活躍する5人のゲイ男性で構成されている「ファブ5」が日本に上陸し、日本人が抱えるそれぞれの悩みを解決するまでが映し出されています。日本からはガイド役に水原希子さんとゲストとして渡辺直美さんが参加していることでも話題。日本人ならではの悩みには多くの人が共感し、たくさんの勇気をもらえるはず。2020年はよりポジティブにがんばりたいという独女には、背中を押してもらえるシリーズとして、1年の始まりにこそ観ておきたいところです。

以上、独女がオススメするお正月にオススメの作品でした。2020年も映画やドラマなど、エンタメから得られる力を糧に、より素敵な1年を過ごしてみてはいかがですか?(文:志村昌美/ライター)