草刈正雄、自身初となる総理大臣役!連続ドラマWに主演

#草刈正雄

草刈正雄
草刈正雄

俳優の草刈正雄が、WOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW オペレーションZ 〜日本破滅、待ったなし〜』に主演し、自身初となる内閣総理大臣役に挑戦していることが明らかになった。

[動画]米倉涼子と草刈正雄、笑顔で見つめ合ってという指示に大照れ

本作で描かれるのは、1000兆円を超える借金を抱え、いまもなお秒単位で増やし続けている現代の日本。時の総理大臣である江島隆盛(草刈)は、日本を再生させるべく、財務省のエリート4人を集め、特命プロジェクト「オペレーションZ」を密かに立ち上げる。その目的は歳出を減らすこと。それもただ減らすのではなく「半減」させることだった! 歳出で最も多い社会保障関係費、次いで地方交付金。この2つをゼロに近づけないと「歳出半減」は実現不可能。果たして「オペレーションZ」のメンバーたちの思いは国民に届き、財政破綻を食い止めることができるのか。

原作は、小説「ハゲタカ」シリーズなどで知られる真山仁が、日本の国家財政の危機を描いた衝撃作「オペレーションZ」。主人公・江島を演じるのは、NHK大河ドラマ『真田丸』や、NHK連続ドラマ小説『なつぞら』での好演も記憶に新しい草刈正雄。9月に公開の三谷幸喜監督映画『記憶にございません!』では邪悪な官房長官を演じていた草刈が、本作では打って変わって、強い信念を持って国を危機から救おうと奮闘する内閣総理大臣を演じる。

草刈は「官房長官から次は総理大臣か! と思いました。今回、初めての総理大臣役です。演じさせていただく江島隆盛のように猪突猛進じゃないし、自分と似ているところは無いですが、自分と真逆だからこそ面白そうです。派手な動きは無いけれど、ドラマ全体に緊張感が伝わってきて面白いので是非観てください!」とのコメントを寄せている。

原作の著者・真山が「税収が増えないのに、歳出ばかりが増えるという日本の財政の問題について、一人でも多くの人に関心を持ってもらいたい」と訴える通り、現代日本が抱える問題点をあぶり出す、衝撃のドラマが幕を開ける。

『連続ドラマW オペレーションZ 〜日本破滅、待ったなし〜』(全6話)はWOWOWプライムにて、2020年3月に放送予定。