山田洋次監督、22年ぶり『男はつらいよ』渥美清さんに褒めてもらえたら嬉しい

#男はつらいよ

山田洋次監督
山田洋次監督
山田洋次監督
後藤久美子と吉岡秀隆
倍賞千恵子
前田吟
後藤久美子
吉岡秀隆
池脇千鶴
桜田ひより
夏木マリ
後藤久美子
後藤久美子
池脇千鶴
桜田ひより
前列左から前田吟、倍賞千恵子、山田洋次監督、後藤久美子、吉岡秀隆、夏木マリ。後列左から池脇千鶴、桜田ひより

名作『男はつらいよ』シリーズ22年ぶりの最新作にして50作目となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』プレミア試写会が12月19日に丸の内ピカデリーにて行われ、山田洋次監督、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、池脇千鶴、桜田ひより、夏木マリが出席した。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』プレミア試写会、その他の写真

本作は、国民的人気を誇った映画シリーズ『男はつらいよ』の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりの新作。新撮された登場人物たちの“今”と、4Kデジタル修復されて蘇る渥美清さん演じる寅さんらの映像とが紡ぎ合い、新たなる『男はつらいよ』の物語が展開する。

上映後に行われた舞台挨拶。山田監督らがスクリーン前に現れると、観客が立ち上がって拍手喝采でお出迎え。そんななか声援を噛みしめるように登壇した山田監督は「この映画にいいところがあるとすれば、長い年月をかけて作ることができたこと」とやや謙遜して語ると、シリーズ1作目から出演している寅さんの妹・さくら役の倍賞は「50年前に始まって50作。22年ぶりの封切りというと、どれだけ長い年月が経ったのかなと感じていたのですが、クランクインすると、(夫・博役の前田)吟ちゃんと違和感なくすんなりと夫婦になれました。そんななか第1作目で博さんから告白されたときのフィルムを、何十年ぶりに見たら、ボロボロと涙が出てきたんです」と“50年”という歳月の重さを口にしていた。

また本作でストーリーを牽引する、寅さんの甥っ子である満男役の吉岡と、その幼なじみの泉役の後藤は、劇中の2人のラブシーンについて触れる。吉岡は「実は僕が及び腰になっていたので、山田監督が僕の背中を支えていたんです。その監督の手のぬくもりは一生忘れません」と発言し客席を笑わせると、後藤も「リハーサルを終えたあと、吉岡くんがボソッと『監督が後ろから押すんだよね』と言っていたのを覚えています」と同調していた。

渥美清さんが亡くなってから一旦終了した『男はつらいよ』シリーズだったが、ここにきて新作が作られた。その間には22年という歳月が流れ、山田監督は『男はつらいよ』シリーズ以外の作品も紡いだ。しかし常に「出来上がった作品は、どこかで渥美さんが見てくれていると思って作っていました」と胸の内を明かすと「この作品も『なかなかよくできていたな』と笑いながら褒めてもらえたら嬉しいですよね」と語っていた。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開となる。