『博士と彼女のセオリー』の2人が再タッグ、気球で人類の限界に挑む実話を熱演

#イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
(C) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

『博士と彼女のセオリー』の主演コンビ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再タッグした映画『THE AERONAUTS(原題)』が、『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』の邦題で2020年1月17日に公開されることがわかった。あわせて、気球の旅を収めた場面写真も解禁された。

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』その他の場面写真

本作は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドンを背景に、気象実験のために気球で前人未到の高度世界記録に挑んだアメリアとジェームズの知られざる実話を描いた感動作。

フェリシティは自由な気球乗りのアメリアを、エディは堅物の気象学者ジェームズを演じており、2人は対立しながらも困難に挑んでいく。

解禁された場面写真には、はるか上空を旅する美しい様子が写し出されており、実際のフランス人気球操縦士のエピソードを元にしたという上空4000メートルでの蝶との不思議な出会い、1万2000メートルの雲の上の世界などを垣間見ることができる。