北村匠海&芳根京子、幻想的なイルミネーションにうっとり

#北村匠海

北村匠海と芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海
芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海
芳根京子
北村匠海
芳根京子
北村匠海
芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海と芳根京子
北村匠海と芳根京子

北村匠海と芳根京子が11月26日、東京ミッドタウンで行われた「MIDTOWN CHRISTMAS 2019」スターライトガーデン点灯式に登場。あたり一面に広がったイルミネーションに魅了された様子を見せ、公開を控えるW主演映画『ぼくらの7日間戦争』について語った。

北村匠海&芳根京子、点灯式その他の写真

同クリスマスイルミネーションは今回で13回目。宇宙現象をテーマに、約19万個のLEDを用いたダイナミックな演出と約100個の「スターバルーン」、初登場の高さ8mの「スペースタワー」、昨年好評だった「しゃぼん玉」で幻想的空間を演出する(12月18日まで)。

北村と芳根は今回、公開を控えるアニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』からゲストとして出席。2人のスイッチで、青白いイルミネーションが点灯された。

色鮮やかな光景を特等席で目にして北山は「幻想的。夜空に包まれている感じ。ここに立っていると、現実じゃない感がスゴいですね。宇宙とか大好きなんですけど、そういう空間にいる感じがする」と顔をほころばせた。いつか、このイルミネーションをバックに歌やダンスはいかがと問われて「お話頂ければぜひ。ぜひやります」と笑みを浮かべた。

「このイルミネーションを毎年見に来ている」という芳根は、目を輝かせて「夢のよう。スゴく贅沢な場所に立たせてもらっている。いつもここを歩きながら、がんばって携帯で写真を撮って見ていた。こんな真ん中に立たせてもらえるのは本当に嬉しい。いつも一緒に見に来ている幼なじみに自慢しようと思います」とほほ笑んだ。

「これと言って反抗期という反抗期はない」という北山。2度目の声優の仕事は「声だけで何かを表現するのは難しい。壁に何回も何回もぶつかりながらこの映画をとった」と振り返り、「(収録の時間が)2日間しかなくて、2日間戦争しました」と話した。

芳根は「小さい頃は自分の気持ちを伝えるのが苦手だった。親にも、食べたい食べ物すら伝えられないくらい内気だった。この仕事をするというのが、初めて親に伝えたことだった。習い事とかも親に勧められてやることが多かったのに『あの仕事でやっていきたい』と強く自分の口から言えることがあるのは、自分でも成長したなと嬉しい気持ちになりますね」と語り、続けて「今、私は22歳なんですけど、スゴくやりがいを感じながらやらせてもらえることに出会えていることは幸せだと思う」と白い歯をこぼした。

2人が出演する『ぼくらの7日間戦争』は、1985年に宗田理が発表した同名小説を原作とする青春エンターテインメント。2020年の北海道を舞台に、高校2年生の鈴原守(北村)らが廃工場に立てこもり、思いを寄せる幼なじみの千代野綾(芳根)の17歳の誕生日を一緒に迎えようと奮闘する様を描く。12月13日より全国公開となる。