「ヴォーグな女性たち」が個性的なドレスで美の競演

#松任谷由美

松任谷由美
松任谷由美
松任谷由美
リナサワヤマ
リナサワヤマ
リナサワヤマ
美佳
美佳
美佳
松任谷由美

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」授賞式が、11月20にグランドハイアット東京にて開催された。モデルや女優、シンガーとして活躍する、さまざまな年代の女性たちが一同に集結。個性的なドレスで美の競演を果たした。

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」を彩った授賞者のドレス

「VOGUE JAPAN Women of the Year」は、さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せ、スタイル・生き方・美において雑誌「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした“ヴォーグな女性たち”を選出し表彰する。2019年に圧倒的に活躍した女性に贈られる「Women of the Year」には片づけコンサルタントの近藤麻理恵、タレントの指原莉乃、女優の杉咲花、シンガーのリナサワヤマ、プロゴルファーの渋野日向子(当日は欠席)が選ばれた。

この日、赤とピンクのグラデーションがひときわあざやかなドレスを披露したのはリナサワヤマ。ロンドンを拠点に活動する彼女は、作詞や作曲、MVのプロデュースも自ら手がけ、世界から注目を集めるアーティストの1人。素肌がウェストやスリットから覗いている個性的な衣装を着こなした。「Rising Star of the Year」に選ばれたモデルの美佳は、日本とフランスのハーフ。今年7月から本格的に活動を始めると、わずか2ヵ月でミラノとパリ・コレクションでランウェイデビューを果たした。彼女は大きなリボンがあしらわれた光沢のあるピンクのドレスを着て、華奢なスタイルを披露した。

キャリアを通して輝いた女性に贈られる賞「Women of Our Time」には、女優の綾瀬はるか、モデルの冨永愛、歌手の松任谷由美、テレビ司会者の黒柳徹子が選ばれた。みな、落ち着いた色合いのシックなドレスを着こなし、大人の魅力を漂わせた。

ブラックのドレス姿の松任谷は「ファッションが大好きなので、それが音楽を続ける原動力になった」と受賞の感想を述べる。輝く女性になるための秘訣を聞かれると「輝いてるっていうのは人が決めること。自分ができることを粛々とやることです」と微笑みながら答えた。さらに「20歳の自分に今メッセージを送るとしたら?」という質問には「自分がブレイクした頃で不安もあった。夢は叶ってからが長くてもしんどいよと(言いたい)」と、長年一線で活躍を続けてきた松任谷ならではの心境を語っていた。