NMB48卒業控えた太田夢莉が初ソロコン。ラストは前向きなメッセージ!

#太田夢莉

11月30日にNMB48を卒業する太田夢莉(おおた・ゆうり)が、11月17日に東京国際フォーラムにて、自身初のソロコンサート「〜Daydream〜」を昼夜2公演行った。

NMB48太田夢莉ソロコンサート、その他の写真

残り少ないNMB48としての太田の姿を目に焼き付けようと、この日はプラチナチケットを手に入れた1300人のファンが来場。太田は、NMB48や他のグループの楽曲、バンドスタイル、ダンスパート、アイドルユニットなど多彩な構成で、全25曲を披露した。

最初のMCでは、「Daydream」という公演タイトルの由来について、夢のようなアイドル人生を送れてきたということと、名前に「夢」が入っていることもかけていると明かした太田。また、昼公演でセットリストをネットにさらさないようにお願いしたところ、まったくさらされなかったそうで、「約束を守ってくださるのが嬉しくて」「みなさんと活動の中で、信頼関係を築けた」と感謝の言葉を口にした。

途中、バンドメンバーと入れ替わりで、太田と同じNMB48チームN所属の大田莉央奈(おおた・りおな)と南羽諒(みなみ・はあさ)が登壇。2人は太田に関するエピソードを披露し、初選抜入りを報じたネットニュースで、誤って太田(夢莉)の写真が掲載され、大田(莉央奈)が「ネットニュースに載る機会、少ないんですよ」と声を荒げるなどして笑いを誘う。

これに、おそろいの衣装に着替えた太田も加わり、3人で「君のc/w」、大田と南で「ハートの独占権」とアイドルの王道曲を披露。さらに太田は、先輩OG・渡辺美優紀のカバー「わるきー」をデビル衣装で披露し、歓声を浴びる。

NMB48で活動した7年半を振り返るとともに、今回のソロコンへの思いを語る映像が終わり、ワイルドなスカジャン姿でステージに戻った太田は、「等身大の歌詞で大好きな楽曲」という初披露のソロ曲「Acting tough」をしっとり歌い上げる。「しんみりで終わらせません」とのあおりで「大声ダイヤモンド」、そして、「正義の味方じゃないヒーロー」では、客席をめぐりながら歌い、ファンを歓喜させ、「今の私の気持ちを歌います」と紹介した「永遠より続くように」で、ハイテンションに締めくくった。

また、「ゆうり」コールに応え、Tシャツ&ダメージジーンズ姿で再登場したアンコールでは、「虹の作り方」「ずっと ずっと」を披露。大田と南が加わり、サイン入りグッズのプレゼント抽選会を終えると、目標に掲げていたソロコンへの思いを吐露。「わるきー」については、「最後に絶対みなさん、見たいと思って、やってやりました。めっちゃ生意気(笑)」と笑顔を見せる。

悔いはないとしながらも、ステージに立つ機会がなくなることについては、何度も「寂しい」と口にし、「みなさんにはこれから先の人生、甘えていけないんですけど、甘えてしまう部分もあると思うので」と複雑な心境を述べると、「甘えて!」といった声援が寄せられる。

これに太田は「今日のことは絶対忘れないので、みなさんも忘れないでくれたら嬉しいです」というラストメッセージを残し、11月6日に発売されたばかりのNMB48の最新シングルにして、自身にとって最初で最後のセンター曲「初恋至上主義」で、彼女らしく明るいエンディングを迎えた。

Wアンコールに応えた太田だが、鳴り止まない「ゆうり」コールに再びステージに登場。本当に予定していなかったため、客席からの声援で決めた「虹の作り方」で締めくくった。

涙を浮かべながらも、すがすがしい笑顔で、新たな扉をノックするこれからの太田夢莉を印象づけた約2時間。この日のソロコンで、またやりたいことが増えたそうで、「世間のみなさまにも認めていただける人間になりますので、よろしくお願いします」といった彼女らしい前向きなメッセージを残して、ステージを後にした。