ディーン・フジオカが松下奈緒の前でピアノ演奏「プレッシャーがすごかった」

#ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカ
ディーン・フジオカ
ディーン・フジオカ
松下奈緒

ディーン・フジオカと松下奈緒が、10月31日に品川プリンスホテル クラブeXにて行われた、映画『エンジェルサイン』の完成披露舞台挨拶に登壇した。

ディーン・フジオカと松下奈緒、その他の写真

本作は、世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888編の中から選ばれた複数の受賞作品を実写化した長編オムニバス映画。受賞作である『別れと始まり』『空へ』『30分30秒』『父の贈り物』『故郷へ』の5作品のほか、北条司総監督が自ら手掛けたプロローグとエピローグを加えて構成。全編でセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーを展開していく。

この日は特別に編成されたオーケストラが、本作のメインテーマ「Angel Sign」を生演奏。会場は圧巻の演奏に包まれた。その後プロローグとエピローグに主演するフジオカと松下が登壇すると、今度は大きな歓声に包まれる。

フジオカは撮影現場の雰囲気について「いい意味でゆるくて、とても素敵な現場でした。サイレントであるという部分は、今思い返すと貴重な体験だったし、たまたま今僕がすごくセリフが多い役をやっているので、本作を撮影していたときは幸せだったなと改めて思いました(笑)」と話し、笑いを誘う。

本作で松下はチェロ、フジオカはピアノ演奏に挑戦している。ピアニストとしても活躍している松下は「チェロは1番やってみたかった楽器で、女性のチェリストは素敵だなと思っていて、今回こうしたお話をいただけてすごく嬉しかったです」と語る。一方のディーンはピアノに苦労したようで、「ピアニストの前でピアノを演奏するプレッシャーがすごかった」とプロの腕前を持つ松下の前での演奏に、緊張していたことを明かした。

『エンジェルサイン』は11月15日より全国順次公開となる。