妻夫木聡が夏帆の足指を舐める大胆シーンも!映画『Red』予告映像解禁

#妻夫木聡

(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 
(C) 2020『Red』製作委員会 

夏帆と妻夫木聡の初共演で、直木賞作家の島本理生が初めて官能の世界に挑んだ「Red」を映画化する『Red』の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。予告映像内では、妻夫木が夏帆の足を舐める情熱的なベッドシーンが展開されている。

映画『Red』、その他の場面写真

夏帆が演じるのは、誰もがうらやむ夫にかわいい娘と、何不自由のない生活をしていた村主塔子。そんな彼女が、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)と10年ぶりに再会し、許されざる恋愛に堕ちていく様を描く。メガホンをとるのは、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞などを受賞した三島有紀子監督。

解禁された予告映像は、雪がふりしきる中、塔子と鞍田が車内で2人っきりになる場面から始まる。ベッドシーンでは、鞍田が塔子の足の指を舐める大胆なシーンも展開されている。他方、塔子の本心を見透かしてくる同僚・小鷹(柄本佑)、塔子を愛するがゆえに理想を押しつけてくる夫・真(間宮祥太朗)も、塔子へ愛の眼差しを向けてくる。

中盤には、愛の渦に巻き込まれる塔子に向かって、女性(余貴美子)が「嘘ついて幸せなの?」と問いかける。「そして、明かされる“秘密”」という言葉の後、雪の落ちる血、塔子を壁に押しつける鞍田とめまぐるしく場面転換され、再び雪が舞い落ちる場所に。塔子は鞍田から目をそむけ、意味深な表情を浮かべている。

解禁されたポスタービジュアルは「愛することが、生きることだった。」のコピーとともに、愛する人・鞍田に再会してしまった塔子が、あらがいながらも、惹かれ、堕ちていく瞬間を切りとったビジュアルに仕上がっている。

『Red』は2020年2月21日より全国公開となる。