板垣瑞生、「M!LK」メンバーからの「ピカソ風の似顔絵」プレゼントに困惑!?

#M!LK

板垣瑞生
(C)SDP
板垣瑞生
(C)SDP
板垣瑞生
(C)SDP
左から吉田仁人、宮世琉弥、山中柔太朗、佐野勇斗、板垣瑞生、曽野舜太、塩太智
(C)SDP

佐野勇斗、板垣瑞生らが所属する7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」の2020年オフィシャルカレンダー「M!LK OFFICIAL CALENDAR 2020」(税込2000円)発売記念イベントが10月25日にHMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、板垣が自身の誕生日をサプライズで祝福されるも、手渡された「ピカソ風の似顔絵」に困惑する場面も見られた。

「M!LK」オフィシャルカレンダー発売記念イベント、その他の写真

「M!LK」は、シングル・アルバム7作連続オリコン週間ランキングTOP5入り、11月6日には5周年アニバーサリーシングル「ERA(読み:エラ)」をリリースする、板垣、佐野をはじめ、塩崎太智、曽野舜太、宮世琉弥、山中柔太朗、吉田仁人からなる7人組ボーカルダンスユニットだ。発売となるカレンダーは、“美”をコンセプトに撮影し、降り注ぐ光の中で、メンバーそれぞれの美しさをシンプルに切り取ったカレンダーとなっている。

今回のカレンダーの見どころについて宮世は「メンバー1人ひとりの違う“美”が引き出されていて、素敵なカレンダーになりました」とコメント。佐野は「コンセプトが“美”ということで、いつものかわいらしい年齢相応の感じというよりは、少し大人っぽくアンニュイに撮っていただいたので、1人ひとりのソロカットもそうですが、納得の出来上がりになったと思います」と話した。

また、“美”にちなみ、それぞれ持ち前や自慢の「美○○」を教えてくださいという質問に、佐野は「ここは最年長として披露したいと思います。“親指”です。僕の親指は普通の人よりも曲がっているんですけど、くびれていると言いますか、曲線美がありますね(笑)」と回答。曽野は「三重県出身で、方言美があるかと思います。ブログとかでも会話調を意識していまして、『楽しかったさなあ』とか書いていたりするんです。この前、佐野くんに狙っている感があるとダメ出しされたりしましたけど(笑)」と話し、塩崎は「ちょっと迷ったんですけど、水周りが7人の中で一番綺麗だと思います(笑)」と答えた。

「M!LK」は11月24日で結成5周年! 今年はグループとしても個人としても活躍が目立った1年となったが、来年はどんな年にしたいかという質問が。これにメンバーは「日本が盛り上がりますし、僕自身も大学2年になるので、ジムに通ったりといろんなことにチャレンジしたいです」(塩崎)、「日本はオリンピックで盛り上がるので、一緒に盛り上がるために、いろいろと挑戦したいです」(曽野)、「売れたいです! 20歳になる年なので、10代最後と20代最初の年としてがんばりたいと思います」(板垣)、「デビュー当時から頭にあった年なので、何か節目になるような活躍をしたいと思います!」(佐野)、「オリンピックとともに100%以上、身長も伸ばしたいです(笑)」(宮世)、「毎年やりきっている実感はあるので、逆に今まで通りにそれを継続できるようやっていきたいと思います」(山中)、「M!LKが世に知ってもらえるように頑張りたいのと、20歳になるので大人としての振る舞いも身につけていけられればと思います」(吉田)とそれぞれ答えていた。

この日は冒頭で記したように、19歳の誕生日を迎えた板垣をメンバーがサプライズ祝福。吉田から板垣のソロ写真がプリントされたバースデーケーキをプレゼントされると板垣は照れた表情を浮かべる。

さらに山中からは、誕生日が同じ画家のパブロ・ピカソにちなみ、メンバー全員で描いた「ピカソ風の似顔絵」がサプライズプレゼントされる。手渡された板垣は「鼻の角度が上手いけども、これ似てます?」と困惑した表情を浮かべるも、山中からの「あんまり絵を描いたことなかったんですけど、普通に描いたら上手くかけちゃったのでピカソさんの作品を参考にカクカクさせてみました」という絵へのこだわりを耳にし、最終的に「やっぱり嬉しいですね、家に飾ります」と喜んでいた。