新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏

北村匠海
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
北村匠海
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
北村匠海
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
新田真剣佑
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

新田真剣佑と北村匠海のW主演でおくる映画『サヨナラまでの30分』の、音楽フェスシーン撮影のオフィシャルレポートが到着した。

映画『サヨナラまでの30分』その他のメイキング写真

本作は、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎監督が手掛ける青春音楽ラブストーリー。1年前に死んだ人気バンドボーカルのアキと、人と関わることが苦手な大学生の颯太。ある日颯太は、アキが遺したカセットテープをたまたま拾う。そのカセットが再生される30分の間だけ、死んだはずのアキが颯太の体を借りて、入れ替わることができるとわかる。もう1度仲間と音楽をやるため、そして恋人の笑顔を取り戻すために、出会うはずのない2人が奔走する。アキを新田真剣佑が、颯太を北村匠海が演じる。

本作の撮影は2019年の夏、長野県で行われた。映画の見どころの1つである音楽フェスシーンのロケ地は、松本市にあるアルプス公園。実在する音楽フェス「りんご音楽祭」とコラボし、公園内の一角に建てられたステージを総勢600人のエキストラが埋め、早朝から日暮れまで3日間かけて撮影が行われた。ボーカルとギター担当の新田と北村の脇を固めるバンドメンバーには、ギター・山科健太役に葉山奨之、ドラム・重田幸輝役に上杉柊平、ベース・森涼介役は清原翔、ピアノ・村瀬カナ役は久保田紗友。葉山、上杉、清原、久保田はそれぞれの楽器に初挑戦だったため、各々クランクイン前に演奏の猛特訓をして撮影に臨んだ。

フェスシーンは、体が入れ替わるアキと颯太それぞれのパートを、新田と北村が実際に歌い、順番に撮影していく。さらに他のバンドメンバーの見せ場も撮っていくため、何度もくり返し演奏し、半日ずっとライブをしている状態。観客がキャストの演奏する姿につい見とれてしまい、撮影スタッフが「格好いいけど見入りすぎないように、あくまでもフェスを楽しみに来ている設定で!」と声をかけることも。暑さのなか、観客の熱気が下がってきた時は、新田や北村が会場を盛り上げる場面も見られた。

『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日より全国公開となる。