ジャッキー・チェン、今度は魔法拳使う“文豪妖怪ハンター”に!最新映画が来年1月公開

#ジャッキー・チェン

解禁された『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』ポスタービジュアル
(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd.All Rights Reserved.
解禁された『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』ポスタービジュアル
(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd.All Rights Reserved.

世界的アクション俳優ジャッキー・チェンの最新主演映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』が、2020年1月に日本公開されることが明らかになった。

ジャッキー・チェンのアクションをおさらい!/映画『カンフー・ヨガ』特報

本作は、太宰治や手塚治虫など日本の著名な文化人に影響を与えた怪異短編集の最高傑作「聊斎志異(りょうさいしい)」の原作者として知られる作家・蒲松齢(ホ・ショウレイ)をモデルに、ジャッキー・チェン主演で放つエンタメ映画。学者を装った妖怪ハンターのプウ (ジャッキー・チェン)が、「陰陽の筆」の力で邪悪な妖怪たちを地獄に封印すべく奮闘する様を活写する。

ある時、村の少女たちが、美しい2人の女妖怪によって次々と誘拐される事件が発生。捜査にあたるプウの前に、正体不明の男チュイシャ(イーサン・ルアン)が現れ、女妖怪の1人であるシャオチン(エレイン・チョン)がかつては人間で、愛する者のために妖怪になったという悲しい過去を語る。難しい選択を迫られるプウ。シャオチンを捕らえるのか、それとも…、というストーリー。

今回の発表では、邦題とともに、情報過多のカオスなポスタービジュアルが公開されている。ジャッキー扮するプウは、こわもての妖怪をまるでサーフボード代わりにして、分厚い本と「陰陽の筆」を手にしてニッコリ。そばには、大きな耳とピンクの髪を持った妖怪らしき小人キャラも。摩訶不思議なストーリーを期待させる仕上がりになっている。続報が待ち遠しいかぎりだ。

『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』は2020年1月より全国公開となる。