第2子出産の上戸彩、小野賢章のプロポーズ称賛「うっとりしました」

#上戸彩

左から小野賢章、上戸彩、福田彩乃
左から小野賢章、上戸彩、福田彩乃
左から小野賢章、上戸彩、福田彩乃
左から小野賢章、上戸彩、福田彩乃

女優の上戸彩が10月14日、六本木で行われたディズニー映画『マレフィセント2』の吹替版完成披露試写会に、小野賢章や福田彩乃とともに出席。第2子出産後、初めて報道陣の前に姿を現し、本作に関してにこやかに語った。

映画『マレフィセント2』吹替版完成披露試写会、その他の写真

本作は、「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントを題材にした実写映画『マレフィセント』(14年)の続編。危機が迫るオーロラ姫(エル・ファニング)を救うべく、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が奮闘する様を描く。

オーロラ姫を演じた上戸は「(前作よりも)映像がスケールアップしているということもありましたし、オーロラ姫でいうと前作は柔らかいフワフワしたイメージでしたが、今作では妖精の国を守ったりプロポーズされたりと、女性としての強さが生まれたと思います」とスケールアップした本作の世界観やオーロラ姫の魅力を熱弁。今回新しく参加したフィリップ王子役の小野は「僕自身初めての王子様の役で非常に感慨深いですね」とディズニー・プリンスの声を演じた喜びを口にした。

上戸は、「眠れる森の美女」や『マレフィセント』でも描かれなかったオーロラ姫の婚礼が描かれ、妖精たちのサプライズにより盛大に行われたフィリップ王子からオーロラ姫へのプロポーズシーンにも言及。「女性はああいうプロポーズをされたいですよね。試写で見させていただいた時に小野さんの声に惚れ惚れしてうっとりしました」とニコリ。それを聞いて小野は「上戸さんに褒められましたってこともSNSでつぶやきます!」と喜びをあらわにした。

また今回、上戸は第2子を出産してから初の公の場。「今回の『マレフィセント2』は劇場で見ていただきたいスケール感になっています。人間や妖精のそれぞれの愛が詰まった作品だと思いますし、家族に会いたくなりました」と話した。