チョコプラに見送られ、『トイ・ストーリー』ラッピングカーが出発!

#トイ・ストーリー

(C) 2019 Disney/Pixar
(C) 2019 Disney/Pixar
(C) 2019 Disney/Pixar
(C) 2019 Disney/Pixar

9月23日に興行収入100億円を突破するなど、この夏、日本中を魅了した『トイ・ストーリー4』が、早くも10月23日に先行デジタル配信開始、11月2日にMovieNEX発売となる。これを記念し、『トイ・ストーリー』の世界観あふれる特別デザインがラッピングされたワンボックスカーの全国行脚が決定し、9月27日に都内幼稚園で行われたその出発式に、ダッキー&バニー役の日本語吹替版ボイスキャストをつとめたチョコレートプラネットの松尾駿と長田庄平が駆けつけた。

[動画]『トイ・ストーリー4』竜星涼、新木優子、チョコプラからのコメント映像

全国に旅立つラッピングカーの出発地である幼稚園を訪れたチョコプラ。「みんな、『トイ・ストーリー』の中で好きなお友だちは?」と質問すると、子どもたちからは「フォーキー!」「ダッキーとバニー!」と元気いっぱいの返事が。自身が演じたダッキー&バニーの人気に嬉しそうな表情を見せていたチョコプラの2人は、『トイ・ストーリー』にちなみ、自身のおもちゃとの思い出についても言及。長田は「ロボットのおもちゃがあって、一緒にお風呂に入るぐらい、すごく大事にしていました!」、松尾は「僕は箱根町の出身で、おもちゃを買う場所があまりなかったので近くの山に落ちていた木の枝で遊んでいました」と、それぞれ意外な子ども時代のエピソードを披露した。

さらに、ひと足早く、子どもたちと一緒にオリジナル布缶バッジを作るワークショップを体験。長田が布缶バッジを作る姿を披露する際、松尾が「がんばれー!」と声をかけると、子どもたちも一緒に大きな声で長田を応援! 無事、布缶バッジが完成すると大きな拍手が沸き上がっていた。

最後に長田は「このラッピングカーはここから出発して全国を走り回ります。明日には名古屋に行って、鹿児島まで旅をするので、みんな見かけたら写真撮ってSNSに投稿してね。各地では、今日僕たちが体験したワークショップも行われるので、ぜひご参加ください!」と呼びかけ、松尾は「今日はありがとうございました。僕らも参加した『トイ・ストーリー4』が 11月2日にMovieNEXで発売されます。おうちで家族みんなで見てねー!」とアピール。このラッピングカーはMovieNEX発売までの約1ヵ月間、日本全国を走り回る!

また、チョコプラをはじめ、本作の日本語吹替版で新キャラのボイスキャストをつとめた竜星涼、新木優子からのコメント映像も到着。フォーキー役の竜星は「『トイ・ストーリー4』はウッディやバズはもちろん、フォーキーや新しい仲間たちも大活躍する、笑って泣ける、驚きと感動の物語となっております。家族みんなで、ぜひ楽しんで見てください。みんな見てね!」。

ギャビーギャビー役の新木は「子どもたちに愛されたいと願う、おもちゃとして純粋な思いを持つギャビーギャビ―との出会いが、ウッディをどう変えていくのか? 最後まで目が離せない物語となっています。感動と衝撃の物語『トイ・ストーリー4』、ぜひご自宅で、お友だちやご家族と一緒に、何度もお楽しみください!」。

チョコプラは「『トイ・ストーリー4』はウッディやバズ、お馴染みの仲間たちの活躍はもちろん、ダッキー&バニーのコミカルなやり取りも見どころの1つです。笑って泣ける感動の物語となっておりますので、家族みんなで、ぜひご自宅で楽しんでください!」と話している。

『トイ・ストーリー4』MovieNEXには、ウッディとボーが本編とは違う結末を迎える未公開シーン「もうひとつのエンディング」のほかにも、新キャラクターの製作秘話など、劇場公開時には見られなかった貴重なボーナス・コンテンツを多数収録(デジタル配信(購入)にも一部収録)。10月23日より先行デジタル配信が開始、11月2日にMovieNEX(4000円+税)と4K UHD MovieNEX(5800円+税)が発売。シリーズ4作品をセットにした、『トイ・ストーリー:4 ムービー・コレクション(数量限定)』(1万3000円+税)も同時発売となる。