佐藤健、鈴木亮平、念願の白石和彌監督作品出演に感無量

#佐藤健

佐藤健と松岡茉優
佐藤健と松岡茉優
佐藤健と松岡茉優
左から白石和彌監督、佐々木蔵之介、鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優、音尾琢真
佐藤健
松岡茉優
鈴木亮平
佐々木蔵之介
音尾琢真
白石和彌監督
佐藤健
松岡茉優
左から白石和彌監督、佐々木蔵之介、鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優、音尾琢真

映画『ひとよ』ジャパンプレミアが9月25日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介、音尾琢真、白石和彌監督が出席した。佐藤は念願だった白石監督作品への出演に感無量の表情を浮かべた。

『ひとよ』ジャパンプレミア、その他の写真

本作は、桑原裕子主宰の劇団KAKUTAの代表作を実写映画化した人間ドラマ。稲村家の母・こはる(田中裕子)が子どもたちを守るために夫を殺害した事件から15年、残された3兄妹(佐藤、鈴木、松岡)の元にこはるが帰ってきたことから、バラバラになった絆を取り戻そうともがく姿を描く。

成長し、小説家の夢破れフリーライターとなった次男・雄二を演じた佐藤は、「今回の現場では自分で何かをしようという気負いのようなもは一切なく、過去に経験したどの現場よりも力の抜けた状態で臨めたのではないかと思います」とコメント。

地元の電気店で働く長男・大樹を演じた鈴木も「健が言ったように僕らも現場で兄妹の空気感とかあまり気負わずに自然な流れのままやっていましたけど、それを白石監督が本当にドライブ感あるエンターテインメントで、パワフルかつ家族の話にしてくれています」と紹介。続けて、「みなさんが見て、登場人物のどの人間に感情移入するかを通して、自分が今家族に持っている思いを再確認していただける映画にもなっていると思います」とアピールした。

寂れたスナックで働く長女・園子を演じた松岡も「大好きな作品になりまして、初号試写が終わって、監督と会った時に『出してくれてありがとうございました』と胸を張って思えたのは16年間で初めてでした」と万感の思いを語る。

その後も、佐藤と鈴木からは念願叶った白石監督作品出演への熱い思いが止まらず、佐藤は「『ひとよ』の話が来る前から、もし白石作品に出演できるならこういう役作りをしようと勝手に想定していました。それくらい念願叶っての出演だったので嬉しいです。今より線を太くして体内を汚して挑もうと思っていて、それは今回も取り入れました」と紹介。

鈴木は『日本で一番悪い奴ら』を映画館で見た際、「見終わってすぐ(主演の)綾野剛君に『あれはすごい』と。『羨ましいし、悔しい』と送ったんです」と振り返り、「そこから白石和彌さんという名前は強烈に頭の中に残っていて、事務所の人間にもいつかやってみたいと言っていたので、今回この話をいただいて、ぜひという感じで嬉しかったです。しかも、僕は活発な役が多かったりするので、こういう内向的な役を鈴木にやらせてみたいと思ってくださったことに感謝しています」と晴れやかな笑みで述べた。

3兄妹を演じた佐藤、鈴木、松岡はそれぞれこれまでのイメージを覆すようなキャラクターを演じきっているが、白石監督は「今までやってきたお仕事を見ていると、当然これほどの役者のみなさんだったらできますし、1つの兄妹として見てみたいし、一緒に仕事してみたい思いが先行してみなさんにお願いしました」と太鼓判。さらに、本作を手掛けた意図について「『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』だとか、疑似家族を何かしら形を変えながら描いてきましたけど、どこかで血のつながった家族を描かないといち作家としてステップアップできないだろうという思いがありました。そんな時に長谷川プロデューサーから声をかけていだいて、みんなで色々と話し合ったらそれぞれ家族とどこかしら傷があり、それを今このタイミングで正々堂々と向き合ってやりましょうという気持ちになって描くことにしました」と振り返った。

『ひとよ』は11月8日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)