ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ステイツ』予告編解禁!なんと彼の父親が登場

#エンド・オブ・ステイツ

(C) 2019 Fallen Productions, Inc.
(C) 2019 Fallen Productions, Inc.

ジェラルド・バトラーがシークレットサービス最強の男マイク・バニングに扮し、未曾有のテロと対峙してきた『エンド・オブ〜』シリーズ最新作となる『エンド・オブ・ステイツ』。先日、特報が解禁となったこの映画より、新たに予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『エンド・オブ・ステイツ』予告編

『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13年)では、難攻不落のホワイトハウスがテロリストの手に落ちる中、大統領救出のために大奮闘。『エンド・オブ・キングダム』(16年)では、英国首相の葬儀のために各国首脳が集結したロンドンに舞台を移し、テロに立ち向かったマイク・バニング。そんな彼が今回は、大統領暗殺を企てた容疑者として拘束されてしまう。

解禁となった予告編は、休暇中のトランブル大統領(モーガン・フリーマン)に大量のドローン爆弾が襲いかかるシーンからスタート。大統領の命を守るべく任務を遂行するマイクだったが、激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますと大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。

続いて「容疑者として逮捕された最強のシークレットサービス」というナレーションが読み上げられ、「あの英雄が逮捕です」とメディアに報じられるマイク。そうした中、彼は護送中に逃亡をはかり、自分をハメた真犯人を探しはじめる。

さらに今回の予告編では、マイクが“ある男”を訪れるシーンも登場。「力を貸してくれ」と彼が頼ったのは、何と父親(ニック・ノルティ)だった。そして、父と行動をともにするマイク。世界大戦の危機が訪れる中、はたしてマイクは自身の無実を晴らし、陰謀を阻止することができるのか?

『エンド・オブ・ステイツ』は11月15日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。