板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真らが登壇中にピタリと静止!

#板垣瑞生

左から板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督
左から板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督
左から板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督
左から河合勇人監督、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真
吉柳咲良と竹内涼真
左から板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真
左から河合勇人監督、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真

映画『初恋ロスタイム』初日舞台挨拶が9月20日に新宿バルト9で行われ、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督が登壇した。

『初恋ロスタイム』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が原作で、「世界のあらゆるものが突然静止する」という不思議な現象をめぐる青春ラブストーリー。

主人公の浪人生・相葉孝司(板垣瑞生)は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分のほかにもう1人動くことのできる少女・篠宮時音(吉柳咲良)と出会う。

この日、登壇した4人は、途中で突然ピタリと静止し「ロスタイム」発生を再現、観客から歓声が上がる。改めて板垣は「今日この日を迎えられて本当に幸せに思っています。楽しい時間にしましょう」と挨拶。吉柳は「待ち望んでいた初日を、こうしてみなさまと一緒に迎えることができて幸せです」、竹内は「板垣くんの初主演映画、吉柳さんの初映像作品と、2人の”初めて“に立ち会えて幸せな気持ちです」と語った。

司会から初日を迎えた感想を聞かれた板垣は「本当にありがとうございます! 素敵な共演者の方々とご一緒できて、改めて良かったと思えました。色んな経験をさせて頂けましたし、(本作を見て)少しでも日常生活が楽しくなったなと思って頂ければ嬉しいです」とニッコリ。吉柳は「撮影初日の時は、自分にできるのだろうかという緊張と、これからどうなっていくんだろうという不安もあったのですが、時音が前向きで明るくて自分の意思をちゃんと持っている子だったので、時音に背中を押してもらいながら前向きに取り組めました」と話した。

また、板垣と吉柳との共演について聞かれた竹内は「吉柳さんは初映像作品ですよね? 僕が初映像作品に出た時はもっとヤバかったですよ。ドラマ『仮面ライダードライブ』の変身シーンで力を入れすぎて、体を反っちゃってたんです」と撮影秘話を披露すると、「でも、吉柳さんは現場ではすごく堂々としていたし、撮影の合間で宿題をやっていて尊敬しました」と続け、吉柳の仕事への姿勢を称賛。

さらに、印象に残ったシーンを聞かれた竹内は、板垣に対し「映画初出演で初キスシーンってやっぱり緊張した?」と興味深々に質問。これに板垣は「歯磨きは買いましたね!」と笑顔で答えると、竹内も「俺はちなみに初キスシーンはめっちゃ歯磨いたの!」と続け、吉柳は「そんなに覚えていないんです…、頭真っ白でした」と照れながら振り返っていた。