沢尻エリカ、ラブシーンに躊躇する小栗旬に「もっと来いよ!」

#沢尻エリカ

沢尻エリカ
沢尻エリカ
沢尻エリカ
沢尻エリカ
小栗旬
二階堂ふみ
二階堂ふみ
千葉雄大
二階堂ふみ
左から蜷川実花監督、二階堂ふみ、小栗旬、沢尻エリカ、千葉雄大
沢尻エリカ
二階堂ふみ
蜷川実花監督
沢尻エリカ
二階堂ふみ
沢尻エリカ

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公開記念舞台挨拶が9月14日に丸の内ピカデリーにて行われ、主演の小栗旬をはじめ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、千葉雄大、蜷川実花監督が登壇した。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』公開記念舞台挨拶、その他の写真

本作は、天才作家・太宰治のスキャンダラスな愛と人生を、『ヘルタースケルター』などの蜷川監督が映画化。太宰を小栗が、正妻・津島美知子を宮沢りえ、愛人で弟子の太田静子を沢尻、愛人で最後の女・山崎富栄を二階堂が演じる。

奔放な愛が描かれる本作。劇中も濃厚なラブシーンが展開されるが、撮影初日に行われたという小栗と沢尻のラブシーンでは、小栗が「役者失格です」と反省することがあったという。沢尻は「初日からキスシーンがあったのですが、こういうシーンが慣れていると思った小栗さんが、思ったほど迫ってこなかったんです」と証言。蜷川監督からも「もっと胸を触って」などという演出があったというが、小栗は「段取りからわかっていたことなのですが、いざ『触りなさい!』と言われると恥ずかしくなってしまって、なかなかできなくて」と苦笑いを浮かべる。

数々の作品に出演している小栗だが、あまりラブシーンの経験はないようで、どうしても躊躇してしまったという。沢尻は内心「もっと来いよ!」と思っていたことを明かすと、小栗は「本当にあの初日だけは役者失格だなと……」と猛省をしたようだ。

さらに小栗は、二階堂から「最後のシーンで小栗さんがガリガリに痩せていたのですが、あまりに痩せすぎて、足が動かなくなってしまい、スタッフさんが塩水を持ってきてバタバタしていたんです」という裏話を披露された。なんでも、塩分不足で小栗が脱水状態になってしまったというのだ。

小栗演じ太宰は晩年期、肺結核を患い、どんどんやつれていく。小栗は「完全に僕の減量ミスです。もう少しちゃんと計算して痩せればよかったのですが、最後に無理な減量をして体にきてしまった。勉強不足でした」とこちらも反省する。

小栗の減量は壮絶だったようで、蜷川監督も「日に日に体重が落ちて顔色が悪くなっていきました。どこまで体力が持つのか本当に心配だった」と語ると、二階堂は「本当にすごい役者魂をみました」と小栗を称賛していた。

そんな反省が多かった小栗だったが「36年間培ってきたすべてをぶつけた太宰になっていると思います。悔いのない映画ができたと思っています」と力強くアピールしていた。