『ライオン・キング』週末興収2週連続首位で、累計46億円を突破!

#ライオン・キング

(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

8月9日に公開となった映画『ライオン・キング』。最初の週末2日間(8月10日、11日)は2位デビューながら、2週目の週末(8月17日、18日)には首位を奪還したこの映画が、3週目となる週末2日間(8月24日、25日)も興行収入では首位をキープしたことがわかった(観客動員ランキングでは『天気の子』が首位)。8月25日までの公開17日間での興収は46億2555万円、動員は322万人となっている。

『ライオン・キング』興収33億円突破!2週目にして週末動員でも首位に

劇場には、小・中学生から20代〜40代の観客、親子3世代まで、幅広い年齢層の観客が来場。現代に蘇った『ライオン・キング』が全世代の人々を魅了している。特に、20代〜40代の現代社会を生きぬく大人たちが今、再び『ライオン・キング』に夢中になっている。1994年に公開されたアニメーション版『ライオン・キング』は、主人公シンバの成長を中心に、“サークル・オブ・ライフ=生命の環”が描かれ、演劇、音楽など形を変えながら、世界中の人々に語り継がれているが、そんな『ライオン・キング』の変わらない魅力が愛されているのはもちろん、本作の物語を通して込められた新たなメッセージや楽曲もまた、現代に生きる私たちの感動や共感を呼んでいるようだ。