世界を救うのは朝飯前!ドウェイン・ジョンソンが語る『ワイスピ』ホブスのキャラ映像解禁

#ワイルド・スピード

(C) Universal Pictures
(C) Universal Pictures
(C) Universal Pictures
(C) Universal Pictures

ついに先週末の8月2日より公開となった映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』より、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスのキャラクター映像が解禁となった。

[動画]解禁となった『ワイスピ』ホブスのキャラ映像

本作は、ドウェイン・ジョンソン演じる元FBI特別捜査官のルーク・ホブスと、ジェイソン・ステイサム扮する元MI6エージェントのデッカード・ショウの前に、史上最強の敵ブリクストン(イドリス・エルバ)が立ちはだかるアクション大作。デッカード・ショウの妹ハッティ・ショウ(ヴァネッサ・カービー)もメインキャストとして出演している。

解禁となった映像はジョンソンが「ホブスは登場からワイルドでカッコいい」と語りかける場面からスタート。次いで、そのカッコいい劇中のホブスが「オレは最高にワイルド」と言い放つや、大暴れするシーンが映し出されていく。

「考え方も仕事の流儀も自意識高めで面白い」と語るジョンソン。そして「オレが世界を救うのは…これで4度目。朝飯前だ」と言い放つホブス。

さらにジョンソンは「ホブスとショウは水と油だ」と説明するも、「ショウの妹ハッティとは、いい感じかも…」と続ける。また、「本人たちは認めないが(ホブスとショウの)2人はいいコンボだ」とも語り、演じたホブスについては「故郷には古典的な文化がある。“銃なんか使わず、顔の皮をはぎ取る”」と笑うシーンも。

最後はジョンソンが「別次元の派手さと楽しさだ」と本作の魅力を語りかけている。