成田凌×周防正行監督『カツベン!』予告編がついに解禁!

#カツベン!

(C) 2019 「カツベン!」製作委員会
(C) 2019 「カツベン!」製作委員会
(C) 2019 「カツベン!」製作委員会
(C) 2019 「カツベン!」製作委員会
(C) 2019 「カツベン!」製作委員会
(C) 2019 「カツベン!」製作委員会

『Shall we ダンス?』(96年)の周防正行監督が『舞妓はレディ』(14年)以来、5年ぶりにメガホンをとる映画『カツベン!』予告編が解禁となった。舞台は今から100年前。現代映画の前身となる「活動写真」が全盛期の時代に活躍した「活動弁士」を中心とした物語となる。主人公の俊太郎役は、本作が映画初主演となる成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜がつとめる。

[動画]解禁となった『カツベン!』予告編

物語は、一流活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)が、隣町の映画館に客や人材を取られて閑古鳥がなく映画館「青木館」に流れつくところから始まる。そこには、傲慢で自信過剰な弁士、気難しい映写技師、人使いが荒い館主夫婦といったくせ者があつまっていた。俊太郎は雑用ばかりの毎日を強いられることになるが、突如、大金を狙う泥棒やニセ活弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手が現れ大騒動に。俊太郎の夢や恋、青春の行方は?

脇を固める共演者たちも物語と同様、ベテランからくせ者が勢ぞろい。俊太郎がつとめる青木館の館主夫婦を演じるのは周防組の常連ともいえる竹中直人と渡辺えり。かつて俊太郎が憧れた飲んだくれの弁士を永瀬正敏。イケメン看板弁士は高良健吾が演じる。ライバル映画館の親子は小日向文世、井上真央。さらに大金を狙う泥棒役をTEAM NACSの音尾琢真、熱血刑事役を竹野内豊が熱演し物語を彩っている。

解禁となった予告編で目を引くのは、忠実に再現された100年前の日本の風景。町の映画館である青木館の前にある道路を昔ながらの着物を羽織り、桶を担いだ人たちが活気よく行き交うの様子から始まる。活弁士になるために青木館の門を叩いた俊太郎だったが、館主夫婦の「何が出来るんだい」「雑用だよ!」という有無を言わせない圧力に屈して、意図しない雑用をやらされることに。しかし、自動車から落とされた俊太郎の前に札束のつまったスーツケースが転がり込んでから事態は急変。泥棒や警官、初恋の女性を巻き込んだ大騒動になる場面がリズミカルに映し出される。

本作は第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」に正式出品されるが決定している。

『カツベン!』は12月13日より全国公開となる。