賀来賢人ら吹替え声優陣、ジョン・ファヴロー監督から太鼓判を押される!

#ライオン・キング

賀来賢人とジョン・ファヴロー監督
賀来賢人とジョン・ファヴロー監督
賀来賢人とジョン・ファヴロー監督
賀来賢人
ジョン・ファヴロー監督
左からRIRI、江口洋介、ジョン・ファヴロー監督、賀来賢人、門山葉子
門山葉子
江口洋介
RIRI
賀来賢人
門山葉子
ジョン・ファヴロー監督
賀来賢人
門山葉子
ジョン・ファヴロー監督
RIRI

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミアが22日、豊島区立芸術文化劇場にて行われ、本作のメガホンをとったジョン・ファヴロー監督が来日。日本語吹替えキャストの賀来賢人(シンバ役)、江口洋介(スカー役)、門山葉子(ナラ役)、オフィシャルソングを担当するアーティストのRIRIも出席した。

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、その他の写真

映画『ジャングル・ブック』以来、約3年ぶりに来日したファヴロー監督は、舞台上で賀来や江口ら日本語吹替え版キャストと抱擁を交わすと「この映画を手掛けてから3年間、ずっとアメリカのオリジナルキャストの声を聞いていたので、最初奇妙な感じがしたんです」と“吹替え”に対して正直な胸の内を明かしていたが「でもディズニーの良いところは、その国々でキャラクターに合った声をしっかりつけてくれる。来日して日本版も拝見しましたが、キャラクターのスピリットをしっかり表現していて嬉しく思いました」と笑顔を見せる。

ファヴロー監督から太鼓判を押された賀来は、「シンバにキャラクターを吹き込むとき、最初は難しさもありましたが、演じていくうちに、どんどん『ライオン・キング』の世界に入り込んでいきました。僕自身もシンバと共に成長でき、いつの間にかシンバを応援していました。葛藤や悩み、友情など人生の普遍的なテーマが作品には色濃く含まれているからこそ、世界中で愛されるのだと思います」と語っていた。

さらに賀来は、フルCGで描かれる壮大な世界観にも魅了されたようで「映画の最初からとんでもないスケールの映像美で、これまで見たことのないようなエンターテインメントになっています」と絶賛すると、門山も「涙が出てしまうほど美しいプライドランドが広がっていて、圧巻、壮大という言葉にふさわしい映像です」と感激した様子で語っていた。

『ライオン・キング』は8月9日より全国公開となる。