クリスチャン・ベイル&マット・デイモンが歴史に残るル・マン耐久レースに挑む!

#クリスチャン・ベイル&マット・デイモン

(C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

オスカー俳優のクリスチャン・ベイルとマット・デイモンが主演する映画『フォードvsフェラーリ』日本版予告編が解禁となった。監督はマーベルの人気キャラクターであるウルヴァリンの最後を描いた『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド。1966年に開催されたル・マン24時間耐久レースで繰り広げられたフォードとフェラーリとの激闘を描いている。

[動画]解禁となった『フォードvsフェラーリ』日本版予告編

カー・エンジニアであるキャロル・シェルビー(マット・デイモン)は、フォード・モーター社からル・マンでの初勝利を命じられる。そのためには常勝チームであるフェラーリに勝たなくてはならない。シェルビーは新しい自動車の開発と優秀なドライバー探しを開始。破天荒なイギリス人レーサーであるケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金と時間の中、2人は力を合わせて立ちはだかる難関を乗り越えていく。そして、ついにル・マン24時間耐久レースの幕が切って落とされた。

本作の核となる「1966年のル・マン24時間」は、それまで3年連続で敗北を喫していたフォード社が威信をかけて王者フェラーリに挑んだレース。現在でも自動車史を語る上で決して外すことができないレースと言われている。共演は『ウォーキング・デッド』のジョン・バーンサル、『グランド・イリュージョン』やTVドラマ『アウトランダー』シリーズのカトリーナ・バルフなど。

予告編では、打倒フェラーリを果たすために伝説のレーシングカーとして知られる「フォードGT40」が誕生する様子を垣間見ることができる。「200〜300年はかかる」と思われるマシンの開発を「90日」で実現すると言い切るシェルビー。それを鼻で笑うマイルズだったが、奇跡を起こすために共に立ち上がることに。夜の闇を加速する流線型の車体、クラッシュしてバラバラになるマシンを絶妙に交わすマイルズの驚異のドライビングテクニック、そして我が子の目の前で爆発する車。スピード感が満載の興奮とドラマがつまった内容になっている。

『フォードvsフェラーリ』は2020年1月より全国公開となる。