バナナマン設楽統&日村勇紀、共演者から声の絶賛に照れ笑い!

#バナナマン

バナナマンの設楽統と日村勇紀
バナナマンの設楽統と日村勇紀
バナナマンの設楽統と日村勇紀
設楽統
日村勇紀
佐藤栞里
永作博美
伊藤沙莉
内藤剛志
宮野真守
日村勇紀
佐藤栞里
伊藤沙莉
内藤剛志
宮野真守
左から宮野真守、伊藤沙莉、永作博美、設楽統、日村勇紀、佐藤栞里、内藤剛志

映画『ペット2』吹替版完成会見が6月24日にザ・ペニンシュラ東京にて行われ、設楽統(マックス役)、日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、内藤剛志(ルースター役)、伊藤沙莉(デイジー役)、宮野真守(セルゲイ役)が登壇した。

『ペット2』吹替版完成会見、その他の写真

本作は、『ミニオンズ』『SING/シング』などのイルミネーション最新作。「飼い主の留守中、ペットはなにをしているの!?」という秘密の世界をのぞかせてくれた『ペット』の続編だ。今回は「飼い主と一緒にいるとき、あるいは飼い主家族の変化に対して、ペットたちはなにを感じ、考えているの!?」というテーマで物語が進行する。

前作同様、主人公であるマックスとデュークの声を担当した設楽と日村。早い段階でパート2の企画が上がっていることを聞いていたとう設楽は「声のオファーが来るのか心配だったんです」とおどけた表情で語る。その思いは日村も同じだったようで、声のオファーが来たことに安堵したことを明かすと「3年後が描かれていますが、この3年間でマックスもデュークも成長しています」とキャラクターの違いに言及。

時間経過は、他のキャラクターにも色濃く反映されている。マックスとデュークの飼い主であるケイティは3年間で結婚、出産を経験。佐藤は「ケイティちゃんと私は共通する部分が多かったので親近感を持って演じていたのですが、結婚・出産は経験がなく……」と苦笑いを浮かべると「どうやって母性を加えたらいいのかと悩みましたが、マックスやデューク、(息子の)リアムが可愛くて、自然と母性が漏れてきました」と設楽や日村の声の芝居に感謝していた。

バナナマンとは長い付き合いだという内藤も、2人の芝居を絶賛。「以前から2人のコントで見せる芝居が本当にうまいなと思っていたんです。早めに潰しておかないとと思って親しくしていたのですが、なかなか潰れない」とジョークで会場を盛り上げると、設楽も「僕らのことを本当に好きだと言ってくださるんですよ。何度かお仕事ではご一緒したことがあるのですが、声ですが、こうしてがっつりお芝居ができて嬉しい」と笑顔を見せた。

また、本作からの新キャラクターとなったシーズ犬のデイジーの声を担当した伊藤は「声で覚えていただくことが多いので、いつか声の仕事をしたいと思っていたんです」と嬉しいオファーだったことを明かすと「そんな簡単なものじゃないとわかっていましたが、アメリカ版もハスキーな声の方が担当していたので、自分なりに一生懸命やろうと思って演じました」とアフレコを振り返っていた。

『ペット2』は7月26日より全国公開となる。