『スター・ウォーズ』完結編の邦題が『スカイウォーカーの夜明け』に決定!

#スター・ウォーズ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』タイトルロゴ
(C) 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』タイトルロゴ
(C) 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』タイトルロゴ
(C) 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 写真提供:日刊スポーツ新聞社/1978年6月24日、有楽町・日劇前

『スター・ウォーズ』シリーズ最終章『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の邦題が『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に決定し、そのタイトルロゴも解禁となった。

[動画]シリーズ最終章『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』初映像

シリーズ第1作目となる『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が日本で初公開(先行上映)されたのは、今から41年前の1978年6月24日。全米で大ブームとなっていた『スター・ウォーズ』は全米公開から約1年の歳月を経て、満を持して日本で公開され、劇場にはこの日を待ちわびたファンが殺到。革新的な映像と宇宙を舞台にした壮大な“家族の物語”は、またたく間に日本中を熱狂の渦に包み込んだ。

そんな伝説の始まりと同日の6月24日に解禁となった邦題。『スター・ウォーズ』シリーズのタイトルに、固有名詞が組み込まれるのは本作が初めて。今年4月に全米で原題『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』が発表されて以来、日本のファンの間でどのような邦題になるのかが大きな話題を呼んでいた。監督・脚本をつとめるJ.J.エイブラムスが「これは1つの映画でも、3本の映画でもなく、9本の映画の終わりです。40年間に渡って作られてきたストーリー、スカイウォーカー・サーガの終わりです」と語るように、最終章となる本作は、長きに渡って語り継がれてきたシリーズの完結編であり、ルーク・スカイウォーカーをはじめとするスカイウォーカー家の最後を描く作品でもあるのだ。

はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は“光と闇”のフォースをめぐる最後の決戦に託された。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイ。そして、R2-D2、C-3PO、BB-8といった忠実なドロイドとともに銀河の自由を求めて戦い続ける、生きる英雄レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンら、レジスタンスの同志たち。さらに、ハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンも、エピソード・シリーズでは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』以来の再登場となる。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日より全国公開となる。