大泉洋と福田雄一監督が初タッグ!大泉が劉備玄徳役で『新解釈・三國志』映画化

#大泉洋

大泉洋と福田雄一監督
(C) 2020「新解釈・三國志」製作委員会
大泉洋と福田雄一監督
(C) 2020「新解釈・三國志」製作委員会
大泉洋と福田雄一監督
(C) 2020「新解釈・三國志」製作委員会
大泉洋と福田雄一監督
(C) 2020「新解釈・三國志」製作委員会

俳優・大泉洋と、映画『銀魂』シリーズやドラマ『今日から俺は!!』などを次々とヒットに導く福田雄一監督。コメディ界の奇才2人が初タッグを組み、福田監督のオリジナル脚本作『新解釈・三國志』を映画化することがわかった。

[動画]大泉洋「水曜どうでしょう」リクエストを即却下/映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』大ヒット記念舞台挨拶

誰もが1度は、そのタイトルだけでも目や耳にしたことがあるであろう「三國志」は、今からおよそ1800年前、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称。「三國志」の中には、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し、互いに覇権争いを繰り広げることから、日本でも小説やコミック、ゲームなど多くのコンテンツが作られ親しまれてきた。

とはいえ、「三國志」で語られる逸話には、現実味にかける話や解き明かされていない謎も数多く存在し、読み手によってこれまでさまざまな解釈がされてきた。現状、全貌が明かされていない本作だが、見どころは「今まで誰も想像し得なかった新たな解釈で三國志が描かれる」ということ。はたして歴史に名を残した英雄たちは、本当はどんな人物像だったのか? 史実として有名な「桃園の誓い」や「三顧の礼」「赤壁の戦い」は、そこに至るまでにどのようなドラマがあったのか? そして、同じく中国を舞台とした歴史超大作であり、大ヒット上映中の映画『キン●ダム』のような壮大なスケールで描かれるのか?

本作出演に大泉は「福田監督とは、昔から仲は良かったのですが、映画をしっかりさせてもらったのは初めてだったので、どんな現場なのか、不安と期待でいっぱいでした。実際に撮影が始まると、初日から、(劉備、関羽、張飛の)3人で同じ台詞を同時に言うというシーンが全然揃わなくて(笑)、『これヤバイなー』と思ってたら、福田監督がげらげら笑いながら、『いやー最高でしたね』って(笑)、『この映画勝ちました』みたいなこと言うから、大丈夫なのか? と逆に不安になりましたね(笑)。ただ福田組は、本当に芝居の上手い人たちばかり集めて、その人たちが永遠とふざける訳だから、そりゃ面白いわな! と思いました。ただあまりに好き勝手にふざけてますから、三国志ファンや、本国が怒るんじゃないかと心配で…。同じ中国が舞台で、配給もプロデューサーも一緒なら僕は『キングダム』に出たかったです(笑)。こっちは今まで見たことのない、ボヤキ続ける劉備とか、めちゃくちゃ軽い諸葛孔明とかばっか出てきますからね(笑)、新解釈とかいう問題じゃないんじゃないかと、私はとにかくそれが心配です(笑)」とコメント。

福田監督は「『新解釈・三國志』という企画はずっと昔から持っていたんです。ただ、劉備玄徳を大泉さんがやらないんだったら、これはもう全然やる必要のないものだという感覚でした。本作は、『水曜どうでしょう』のノリの大泉洋さんが、劉備玄徳をやるっていうのが僕の今回の一番のコンセプトです。ずっと愚痴と文句しか言ってない劉備玄徳。何一つ将軍っぽいこと言わないという。撮影していく中で、これ、いけないことかもしれないんですけど、『ちょっと僕は大泉洋のファン過ぎて、全部が面白く感じちゃってるんですけど、皆さんはどうですか』ってプロデューサーに相談するくらい面白くて。『三國志』ファンの方々がなんておっしゃるか不安ですが、あくまで『新解釈』と思っていただければ、と思います」と述べている。

『新解釈・三國志』は2020年に全国東宝系にて公開となる。