玉森裕太、吉岡里帆から“意外なギャップ”を明かされ照れ笑い

#玉森裕太

玉森裕太
玉森裕太
玉森裕太
左から森義隆監督、染谷将太、玉森裕太、吉岡里帆
左から森義隆監督、染谷将太、玉森裕太、吉岡里帆
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社
(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会(C)東野圭吾/講談社

玉森裕太が、6月1日に行われた『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台挨拶に吉岡里帆、染谷将太、森義隆監督とともに登壇。吉岡から玉森の“意外なギャップ”が明かされ、照れ笑いで客を和ませる場面があった。

『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台挨拶 その他の写真

一番好きなシーン、印象に残っているシーンについて聞かれると、玉森は悩みに悩んで「冒頭の麻由子(吉岡)との電車で出会うシーンも好きですし、智彦(染谷)と言い合いになるシーンもすごく好きなんですけど…」と選べない2つのシーンを挙げた。最終的には麻由子との電車のシーンを選択し、「崇史(玉森)がピュアな気持ちで、唯一恋愛していたシーンなので」とお気に入りの理由を述べた。

吉岡も「崇史と智彦の別れと言っていいのか、物語の確信に迫るシーンを初めて観た時に泣いちゃいました」と共演した2人の演技に泣かされたことを明かした。染谷は「電車のシーンは、なんて映画的なんだ、と僕も大好きです」と玉森と同じく印象的な崇史と麻由子の出会いのシーンを挙げた。

また、1年前の撮影では緊張感のある現場で共に過ごしていたという3人だが、最近はプロモーションでバラエティ番組に一緒に出演し、撮影では見ることなかった姿とのギャップに驚くこともあるそう。吉岡は「先日、ある番組でキャイーンのウド鈴木さんとたぬきのコスプレをしてコントをしている玉森さんをみて、同じ人と思えなくて…耳としっぽをつけて小ネタをやっているのが微笑ましくて、元気でよかったと思いました」とエピソードを披露。対して玉森は「すごく楽しんでやっていました」と照れ笑いしながら答えた。

さらに本作は“頭フル回転謎解きミステリー”ということで、最近解けないでいる謎、不思議に思っている謎はあるかという質問に、玉森は「家でものを失くしたのに絶対に見つからない、どこにも出てこないってこと…ありません?」と最近家でスリッパをなくしたという珍エピソードを披露。「見つかったんですけど、デニムの上に乗っかっていました」と意外な場所から発見されたことを報告し、会場の笑いを誘った。

最後は玉森の“玉”にかけて、全国公開を記念した2つのパラレルくす玉が登場。登壇者でくす玉を割り祝福し合った。そして、玉森に原作者の東野圭吾からサプライズで手紙が。「映画公開おめでとうございます。敦賀崇史の内面は、私がこれまで創作したキャラクターの中でも飛び抜けて複雑です。引き受けてくださったことに感謝します。また、正面から取り組まれたことに敬意を評します。今後さまざまな役を演じられると思うのですが、このたびの経験が少しでも糧になることを祈っております」と激励の言葉が記されており、玉森も「本当に嬉しいです、光栄です」と喜んだ。