絢香のライブツアーに篠原涼子がサプライズ登場!

篠原涼子と絢香
篠原涼子と絢香
篠原涼子と絢香
絢香と篠原涼子
絢香
絢香

現在上映中の映画『人魚の眠る家』の主題歌「あいことば」を歌う絢香の全国LIVEツアー関東初日が12月26日に日本武道館で行われ、サプライズゲストとして同作主演の篠原涼子が登場した。

絢香の全国LIVEツアー関東初日、その他の写真

絢香はこの曲について「『人魚の眠る家』に出会わなければ、絶対に生まれてなかった曲なので、作品に感謝の気持ちでいっぱいです。台本を読んだとき、母と娘の間にある目には見えない大きな愛だったり、つながりを、どういう言葉で表現したらいいかなと思って書きました。人生の中で誰もが避けては通れない、愛する人との別れですが、別れた後の世界にも救いや希望を持てたらという思いで書いた歌です」とコメント。

曲に移ると、会場は水の中にいるようなブルーの照明と、水泡を模した影、そして最後は希望の優しい光の演出に包まれた。さらに絢香の感情のこもった歌声に、涙をぬぐう観客も見え、歌唱後は大きな拍手が響き渡った。

ライブ終了後もアンコールの拍手が鳴りやまず、それに答える形で絢香が再度ステージに現れると、「今日は武道館公演ということで、なんとスペシャルなゲストが駆けつけています。篠原涼子さんです!」と呼び込んだ。

篠原は真っ赤な花束を持ち「武道館おめでとうございます」とステージに登場。客席を見渡した後、「歌っちゃっていいですか?」とはしゃいで会場を沸かせると、「私も客席にいたんですが、ずっと感動してました。『あいことば』を聞いたときに、ウルっときて、こみ上げてしまいました」とコメント。

絢香も「この映画に出会わなければ生まれていなかった曲なので、映画の出演者のみなさん、スタッフのみなさんに本当に感謝しています。この曲に出会わせていただいてありがとうございます」と話していた。